【口外禁止】槇原敬之、パートナーがまたもや覚醒剤…気になる“同棲生活”が暴かれるwww

スポンサーリンク

 

 

人気実力派歌手の槇原敬之さん(48)の個人事務所社長だった奥村秀一被告(42)の覚醒剤取締法違反における初公判が10日、東京地裁で行われました。

 

奥村被告といえば、さかのぼること18年前1999年に槇原が覚醒剤所持で逮捕されたときも、一緒に捕まっていますね。

 

ということで今回は槇原敬之さんとその恋人とも噂される奥村秀一さんについていろいろ調べてみました。

「槇原敬之 彼氏」の画像検索結果

 

奥村さんと槇原さんの出会いは、新宿2丁目のゲイバーだったそうです。もうこの時点でお二人とも同性愛者だということがほぼ確定ですね。

 

当時、そのゲイバーに奥村さんが働いていて、それを槇原さんに見初められ、公私ともにパートナーとなったとか。ちなみに99年に一緒に逮捕されたときは、同棲生活を送っていましたそうです。

 

逮捕直後はパートナー関係を解消すると話していた槇原さん。しかし、2000年には再び同棲状態であることが報じられました。

スポンサーリンク

 

この時の裁判で本人の証言から同性愛者であることが確信となっています。 「女性と交際したことがない」 「薬物は同性愛関係にある人物から教わった」 「曲は自身の男性経験を元に創作していた」などが槇原さんの口から証言されました。

 

覚せい剤事件裁判で検事が「私もあなたのCDを持っています。聴くと元気が出ますよね」と言ったことも話題になるくらい、人に愛される曲を生み出してきている槇原さん。事件があったことで槇原さんは「僕は僕だけで生きているんじゃない」と思い直したそうです。 恋愛を歌った曲は男女の模様に聴こえますが裁判でもあったように、本人曰く「男性経験から」作られています。

 

そして、06年に奥村さんは槇原さんの個人事務所の社長に就任。復縁したことが発覚しています。つまり、槇原さんが仕事の依頼を受けるかどうかは、奥村さんの一存にかかっているという事から、槇原さんにとって奥村さんそれだけ、かけがえのない存在だということが見て分かりますね。

 

きっと、離れられなかったのでしょう。

 

なにより、今回逮捕されたのはパートナーの奥村さんですが覚せい剤で槇原さんも前科がありますし疑われるのは必然的ですよね。今後の動きに注目が集まります。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ