BTS(防弾少年団)が兵役免除の可能性!?過去に兵役免除になった芸能人やアイドルはいる?

スポンサーリンク

 

 

正しい未来党のハ・テギョン議員が、防弾少年団を例にあげて兵役特例(兵役免除)制度の改善を今月の25日に、自身のFacebookを通じて、国会国防委員会の全体会議で兵務庁長に質疑した事を公開、注目を集めています。

 

 

ハ・テギョン議員は、内容も同時に公開しており

「防弾少年団を兵役免除にしてほしいという話があり、兵役特例に該当する国際大会のリストを見てみると、公平性に問題がある」

と主張。続いて

「バイオリン、ピアノのようなクラシック音楽コンクールで1位になると兵役特例を与えるのに、大衆音楽でビルボード1位になっても兵役特例を与えない」

「PSY(サイ)がYouTube再生回数の世界新記録を打ち立てた。全世界の人々に及ぼす影響力が非常に大きい」

「しかし(兵役特例リストに)全国民に夢を与え、若者たちにインスピレーションを与えるということはすべて抜けている」

と指摘を述べました。

 

また

「バレエコンクールの1位は(兵役特例リストに)あり、Bボーイの1位はない。世界を制覇するゲーム大会もなく、演劇はあるが、映画ではない。今の若者の目線の高さに合わせて改編される必要がある」

と強調。

 

 

これに対し、キ・チャンス兵務庁長は

スポンサーリンク

「兵役特例分野は、私たちと文化体育観光部長官が協議して選定する。国民的共感が得られない場合は困難である。現実に適合させることができるように検討してみる」

とコメントしています。

 

韓国では、18歳から29歳までの間に約2年間、男性は兵役になる義務があります。

 

しかし、実は、誰もが男性なら兵役にならなければならないということがなく、免除されるケースもあるんですね。

 

今回は韓国の芸能人などで兵役を免除になった人の例についてお伝えしていきます。

 

大まかな例として、芸術、スポーツなど特別な才能を持つ国民は、兵役免除の対象になっているそうです。

 

例えばオリンピックでメダルを所得したり、アジアの大会で金メダルを所得したアスリートも免除の対象になるそうです。またこれらの条件に当てはまる人は、基本的な訓練に4週間出席したら、それぞれの分野に戻って活動を続けることができるという。つまり通常は2年ほどのとこと短縮されると言う事です。

 

その他にも、外国の永住権を持っていることと、入隊検査で体力的(視力、BMI数値)、精神的に不可能とされた人、最終学歴が中卒(高校を卒業していない)などがいるそうです。

 

韓国ではアイドルの地位がまだまだ低いとされています。兵役免除の対象に入ることで、アイドルも誰もが認める国家的文化として受け入れられたらいいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ