【衝撃】何者?!プロ顔負け「FNSうたの夏まつり」出演してた、少年の歌声に大きな反響

スポンサーリンク

 

 

昨日7月25日に放送されたフジテレビ系の大型音楽特番「FNSうたの夏まつり2018」に出演した少年の歌声が大きな話題になっていますね。

 

 

少年の名前は、石橋陽彩(ひいろ)くん、13歳。

no title

 

石橋陽彩くんと言えば、2018年3月に日本で公開されたディズニー/ピクサー大ヒット映画「リメンバー・ミー」の主人公ミゲル役の日本語吹き替え版声優を担当。

声優初挑戦にも関わらず、抜群の表現力と圧倒的な歌唱力で一躍注目を浴びたました。

そんな陽彩くんは今回、ディズニー名曲メドレーで中川翔子や乃木坂46、三浦大知、藤井フミヤなどそうそうたるメンバーが登場するなかトリで登場し、「リメンバー・ミー」の主題歌『リメンバー・ミー』のフルバージョンをテレビ初披露。

 

 

プロ顔負けの透き通る高音と力強く男らしい低音をしっかりと使い分けたその歌声に視聴者からは絶賛の声が続々。大きな衝撃を与えたました。

 

そんな実力もしっかりあって、これからの将来が楽しみなアーティストのたまご陽彩くんのプロフィールをまとめてみました!

 

名前:石橋 陽彩 いしばし ひいろ

生年月日:2004年8月24日(13歳)

出生地:千葉県

血液型:A型

職業:子役、歌手

事務所:エイベックス・マネジメント

 

4歳から歌とダンスを習い始めたという陽彩くん。

2014年、10歳の頃に「マクドナルド ハッピーセット」や「任天堂3DS 妖怪ウォッチ2」のCMに出演。陽彩くんが世間の目に留まったのは、第一生命のCMに出演したことからですね。

スポンサーリンク

なんとCMではラップを披露!そのCMはこちら↓

 

いかがですか?けっこう話題になったんで案外記憶に残っている方も多いかと思います。

 

今から2年前の石橋陽彩くん、このときは12歳!

 

さらに「カラオケ★バトル」に出演した際にもかなり話題になりました!

 

 

まだ小学生の陽彩くんですが、歌唱力の高さに審査員も視聴者も圧倒されていました。

 

来月誕生日を迎えてもまだ14歳と、無限の可能性を秘めた石橋陽彩くん。これからさらに進化を遂げて、素敵な歌声を届けてくれるであろう陽彩くんの活躍に今後も期待したいですね。

 

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ