【2018】台風13号の最新進路予想図がヤバい…関東直撃とんでもないことになる!?

スポンサーリンク

 

関東甲信地方は湿った空気の影響で、本日7日から雨が降りやすく、夜は雨脚が強まると言われています。

 

強い台風13号は、小笠原諸島の北東の海上を北寄りに進み、8日に伊豆諸島に近づいたあと、9日にかけて東日本の太平洋側に接近するおそれがあります。台風の接近前から前線の活動が活発になるため、関東甲信を中心に7日昼すぎから激しい雨が降り、その後も降り続いて大雨となるおそれがあり、大雨や暴風、高波などに警戒が必要です。

 

台風13号 関東直撃 めったにない大雨か

 

8日の夜から9日の朝くらいまでが、雨、風ともにピークとなると言われています。

 

傘が役に立たないような雨が降り、暴風が吹き荒れる恐れがあります。広い範囲で、平年の8月ひと月の雨量を超すような雨が降り、災害が起こるような大雨となる恐れがあります。

 

台風接近時には自治体から出される情報にも注意が必要です。

スポンサーリンク

 

また、雨、風ともに強まり、列車など交通機関に影響のでる可能性もあります。8日の帰宅時と9日の朝の通勤時は特に注意が必要です。

 

お盆休みが近づき、移動の多い時期ですが、空の便や道路の状況もお出かけ前に確認して下さい。

 

累積雨量の最大シナリオでは、5日21時から9日21時までの期間中、関東甲信・東海地方の多いところで500mm以上の雨量が予想されています。洪水・土砂災害に厳重な警戒が必要です。

 

東北も太平洋側を中心に9日から10日にかけて、活発な雨雲がかかるでしょう。風も強まり、大荒れの天気となる恐れがあります。太平洋沿岸はうねりを伴い大しけとなる恐れがありますので、海岸付近には近づかないようにして下さい。

 

 

※なお、8日以降は特に台風の予報円が大きく、進路や速度の予想に幅があるような状況です。進路によって影響が変わる可能性があり、最新の情報にご注意下さい。

 

気象庁は、東日本や東北の太平洋側では、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、氾濫、それに暴風、高波、高潮に警戒し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

スポンサーリンク
関連コンテンツ