【マジかよ】沖縄知事・翁長雄志の死因について【激やせ画像】

スポンサーリンク

 

 

膵がんの治療を続けていた沖縄県の翁長雄志知事が昨日8日に、死去したしました。67歳でした。翁長知事は7日から意識混濁の状態に陥り、謝花喜一郎副知事が8日から職務を代理していました。

 

8月8日の、朝日新聞や沖縄タイムスが速報で報じています。

 

翁長知事は4月に膵臓がんの手術を受け、5月15日に県内の病院を退院した。退院直後の記者会見では、ステージ2の膵臓がんとの診断を受けたと発表していました。

 

しかし、7月30日に再入院。

 

謝花喜一郎副知事は8月8日に記者会見を開き、意思決定が難しい状況になったため、職務代理を置くと発表した。肝臓へのがんの転移が見つかり、8日朝に意識混濁になったそうです。

 

 

翁長知事は1950年生まれ、那覇市出身。

米軍・普天間基地の名護市辺野古への移設に反対を訴え続けました。

7月27日には、普天間基地の名護市辺野古移設に関し、前知事による埋め立て承認の撤回に向けた手続きを進めると表明。

この日の会見を最後に、公の場に姿を見せていませんでした。

 

 

翁長雄志知事は沖縄県議員時代からアメリカ軍基地の辺野古基地移設に賛成していた人物で、推進した1人です。

スポンサーリンク

沖縄県知事選挙への出馬が噂された頃から、一転して辺野古基地移設に反対するようになり、選挙のための口実ではないかとの批判も浴びていました。

 

しかし、2014年10月に行われた青年会議所が主催した討論会では、「普天間は賞味期限切れで固定化は難しい。(事故がたまたま起きていないという)偶然という砂上の楼閣に載っている。万が一事故が起これば日米同盟そのものが吹き飛ぶ」と発言。

 

国に何度も辺野古埋め立てを反対する文書を出し、沖縄のサンゴが破壊されることから守っていたのです。

 

沖縄知事としても約4年間務め、辺野古を埋め立てし基地を移設することを反対してきました。

そんな翁長雄志知事ですが、2018年に入ってから激やせしたことがネット上でも話題になっていました。

 

もともとの知事↓

「翁長雄志」の画像検索結果

 

激やせしたと言われている知事↓

 

もともと太っているタイプではなかった翁長知事ですが、一時期退院した後の姿が、激やせし過ぎだと目に見えて分かりますよね。

 

再発や転移を押さえる治療を受けたため髪は抜け落ち、ほおもこけてやせ細っていたが、その姿を隠すこともなく、公務に励んでいた姿が心を打たれます。

 

心からお悔やみ申し上げます。

スポンサーリンク

ちょびネタ!公式LINE@
LINEで毎日の情報をいち早くお届けします♪

LINE ID検索から友達追加する場合はこちらのIDで検索してください(^^♪
↓↓
@yae0108q

関連コンテンツ