【まじか】準強姦罪で逮捕された内柴正人の現在がとんでもなかったwwwこれは終わったな

スポンサーリンク

 

 

昨年まで準強姦罪で服役していた柔道・五輪メダリストの内柴正人(40)さんをご存氏でしょうか。

 

“事件発生”から実に7年もの月日がたったと言う事に驚きましたが、あれほどメディアに大きく取り上げられていたので記憶に残るかとも多いのではないかと思います。

 

内柴さんが起こした事件とは、2011年9月、当時、九州看護福祉大の女子柔道部のコーチだった内柴さんは、教え子だった10代の部員に酒を飲ませ、性的暴行を働き逮捕されました。裁判では、一貫して相手とは“合意の上だった”と主張しましたが、結局、懲役5年の実刑判決が下されたと言うものです。

 

 

このことにより、日本では、柔道界から永久追放されています。しかし、中央アジア・キルギス共和国の柔道連盟総監督に就任したという報道があり、注目を集めています。

 

 

内柴さんがキルギスに向けて出発したのは、7月29日のこと。昨年9月に仮出所してからは、柔術に転向し地元熊本で働きながら練習を開始していたそうです。

 

内柴さんの所属していた神奈川県にある柔術道場「ALAVANCA」の代表・山田重孝さんはの手助けがあったみたいですね。

スポンサーリンク

 

12月の刑期満了までは、1週間単位の外出許可を取り、熊本から神奈川まで練習に通い、練習開始早々から才能を発揮。

 

やっぱり元オリンピック柔道男子金メダリストだけあります。さっそく11月には柔術のアマチュア大会に参加し、2階級で優勝。

 

刑期が明けてからは山田さんの元で本格的に柔術に励んでいたそうなのですが、それがなぜ、突然、キルギスに飛んだのでしょうか?

 

実は、山田さんの道場の練習生の知人にキルギスの元柔道家がいたそうで、内柴さんにキルギスで柔道を教えてほしいという話が来たみたいなんですね。

 

2024年の五輪に向けて選手を強化したい、そのため監督になってほしいというお話を持ち掛けたそうです。

 

内柴さんご本人も最初は半信半疑でしたが、その後、数回キルギスに渡り、決心したそうです。

 

8月から主に男子の指導に当たると言われています。

 

更に、その際、将来的には国籍を取って現役復帰はどうかという話も出ているみたいで、近い将来、内柴軍vs日本勢が見られるかもしれませんね。

 

心配の声が目立つようですが、過去の過ちを振り払うほど見違えた内柴さんを観れることを祈ります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ