大阪市でブロック塀崩れ男性作業員が死亡、同僚を逮捕!?動機がやばい

スポンサーリンク

 

 

今月12日の午前9時50分ごろ、大阪市住之江区北加賀屋の駐車場で、ブロック塀を工具で切断する作業をしていた建設作業員、谷口勇人(はやと)さん(57)が血を流して倒れていると119番がありました。

 

その日の作業中にブロック塀が崩れて頭に当たったとみられ、谷口さんは搬送先の病院で約40分後に死亡が確認されました。

 

大阪府警住之江署の発表によると、塀は高さは2・6メートル、幅8・8メートル。大阪府北部で震度6弱を観測した地震によるブロック塀の倒壊死亡事故を受け、高さ2.2メートル以下という建築基準法施行令が定める基準に合わせるため約1.6メートルにする作業をしていたところだったそうです。

谷口さんら2人は塀の上部を切断していたところ、ブロック3段分(高さ約60センチ)が倒れてきたといいます。

スポンサーリンク

 

 

このことで、大阪府警住之江署は同日、ブロック塀の崩壊を未然に防止すべき注意義務を怠ったとして、業務上過失致死容疑で、谷口さんと一緒に現場で作業していた建設作業員、三島弘之容疑者(73)を逮捕。「気が動転して覚えていない」と供述しているという。

 

しかし、三島容疑者は当初、「谷口さんの反対側でブロックの破片を拾っていた」と説明していたが、近くの防犯カメラには、三島容疑者が谷口さんの隣で油圧シャベルに乗り、ブロック塀の解体作業をする様子が映っていたそうです。

 

また、ブロックが崩れる映像も残っており、その際、ヘルメットは着用していなかった事が確認さえています。

 

行為的な犯行だったのか、はたまた不慮の事故だったのか、三島弘之容疑者に関する情報はまだあがってきてませんので真相というのはわかっていない状態です。早期解決を望みます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ