【沖学園】甲子園応援歌のソロがうますぎるwwwダイナミック琉球【動画あり】

スポンサーリンク

 

 

今月13日に行われた高校野球「大阪桐蔭VS沖学園」戦で「10―4」と毎年残る常連校にはかなわなかった沖学園ですが、その試合中応援席に響き渡る応援歌のソロパートが「うますぎる」とネットで話題になっています。

 

声の主は、沖学園の野球部員の川添公也(ひろや)君、2年生です。13日も終盤に披露し、観客を沸かせました。

 

 

応援歌は、最近人気が急上昇したイクマあきらさんの「ダイナミック琉球」という曲。

 

アカペラの独唱から始まり、やがて全員で合唱する。冒頭部分を担当するの応援歌バージョンです。

 

1試合で1回のみ。勢いを与えたい、ここぞのときに使うのが決まりなんだとか。応援団長の稲村怜央君(1年)は

「何で川添さんなのかは1回聞けば分かりますよ」

とニヤリ。

スポンサーリンク

 

 

4点差になった直後の七回表。吹奏楽の演奏が始まらず静寂が続くなか、座り込んでいた部員のうち、川添君がすっくと立ち上がり、「海よー祈りの海よ」。ビブラートの効いた、ほれぼれするような歌声が場内に響き渡りました。

 

周囲の観客たちも思わず注目し、スマホを向けました。

その映像がこちら↓

 

同曲を応援に採り入れたのは今夏から。中学生の頃から「歌がうまい」と言われてきた川添君。

「途中まで本当にいい試合だった。甲子園で歌えて悔いはないです」

と来年は、もちろんベンチ入りをめざすようです。

 

川添 公也くんご本人の感想tweet↓

https://twitter.com/hrykwze0611/status/1026593541584121856

 

参考にダイナミック琉球のソロパートまとめです(^▽^)/

スポンサーリンク
関連コンテンツ