【Twitter】今、放置垢の凍結祭りやってるみたいですよ。凍結の解除法について

スポンサーリンク

 

 

現在、皆様ご存知SNSツイッターで凍結祭りが開催されているみたいなんですね。今回の凍結対象アカウントは

長年放置されてるアカウント

とのことですですが、中には健全なアカウントが凍結された等の声もあるみたいですね。

 

ところで、今回の凍結祭りはTwitterの公式アカウントからも正式的に告知されていたみたいなんですね。

 

最近、Twitterアカウントを凍結されるという人が増えていると感じます。今回みたいにTwitter運営事務局側で怪しげなアカウントを一斉凍結するということもありますし、規約通りにTwitterを使っていた人も巻き添えで凍結を食らってしまうというケースもあるようです。

 

巻き添えと言うのは避けたいですよね!なぜそんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

そこで今回、Twitterアカウントが凍結される理由と、過去に凍結された事例をまとめてみました!

 

まず凍結にはいくつかの種類があって

「警告」

凍結の中でも1段階目のポジションにあたります。

スポンサーリンク

この状況だと復活する可能性も高く電話番号や利用規約に同意すれば復活したという事例があります。

 

「本凍結」

これは2段階のポジションにあたりますね。

電話番号や利用規約同意の画面が表示されず、成す素手ない状態です。

こうなると復活する可能性は極めて低くなります。

しかし、凍結される理由が思い当たらない方のみ意義を申し出ることができます。

 

「永久凍結」

3段階ですね。

凍結⇒復活のやりとりを複数回重ねるとアカウントが永久凍結という事態です。

これは極まれなのでそう簡単には起きないようですが永久凍結されてしまうと復活できないという噂があるので要注意ですね。

 

と、この3つに分かれています。大体1度目の凍結だと「警告」の方が多いみたいですね。ただ2度目になると「本凍結」の方が多いようです。

 

第1段階の「警告」に比べると、第2段階の「本凍結」は凍結解除まで時間がかかります。大体1週間~2週間くらいです。「警告」だと、即日か2~3日ほどだそうです。

 

そもそも、Twitter側が行う凍結作業には二種類あり、一つはシステムによる凍結、もう一つは目視による凍結なんだとか。

 

凍結事例を見てみると、わかりやすいもの(フォロー過多、アンフォロー過多、DM過多など)はシステム処理をし、それ以外のケースは目視でやっている感じがします。まぁ、その先はもはや内部に潜入しないとわからないですが…(;^_^A

 

凍結される20の理由についてはこちらの記事から読めます↓

【Twitter】今、放置垢の凍結祭りやってるみたいですよ。凍結される20の理由について

 

皆さんも気を付けてくださいね(#^.^#)

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ