【Twitter】今、放置垢の凍結祭りやってるみたいですよ。凍結される20の理由について

スポンサーリンク

 

 

現在、皆様ご存知SNSツイッターで凍結祭りが開催されているみたいなんですね。今回の凍結対象アカウントは

長年放置されてるアカウント

とのことですですが、中には健全なアカウントが凍結された等の声もあるみたいですね。

 

ところで、今回の凍結祭りはTwitterの公式アカウントからも正式的に告知されていたみたいなんですね。

 

 

最近、Twitterアカウントを凍結されるという人が増えていると感じます。今回みたいにTwitter運営事務局側で怪しげなアカウントを一斉凍結するということもありますし、規約通りにTwitterを使っていた人も巻き添えで凍結を食らってしまうというケースもあるようです。

 

 

巻き添えと言うのは避けたいですよね!なぜそんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

 

さて、本題に行きましょう。どんな行為をすると、Twitterアカウントが凍結される可能性が高まるのでしょうか?重要ですよね!

 

ざっとまとめたものがこちら↓

スポンサーリンク

アカウントの大量作成

6ヶ月以上活動の無いアカウント

短時間の間に大量のフォローをする行為

短時間の間に大量のアンフォローをする行為

多くのユーザーからブロック、スパム報告された場合

ツイート内容がリンクばかりで、個人的なつぶやきではない場合

つぶやきと直接関係がないハッシュタグ#の利用

アカウント名を売買目的で取得する場合

ダイレクトメッセージの過剰送信

フォローの数に反して、フォロワーの数が著しく少ない場合

詐欺や犯罪に関わるようなこと

同じ内容のReply(@返信)をたくさん行った場合

背景やアイコンがポルノ画像

出所をはっきりさせずに、他のユーザーのコンテンツを再投稿した場合

複数アカウントでの多重投稿

誹謗中傷・個人情報漏洩させる行為

自作自演の大量RT

なりすましアカウント

脅迫を含む内容の投稿

原因不明な凍結も中にはある

 

などなど、どれも基本中の基本なので府意識にやらかしている可能性もあり得なくはないですよね。気を付けないと!

 

そして今回、検討しているのが

6ヶ月以上活動の無いアカウント

ですね。

 

あまりにも活動休止期間が長いとアカウントが停止されるようです。自動のツイートツール、Wordpressとの連動ツール、過去記事ツイートツールなどを使えば、表面上活動しているように見えますが、これが「活動」と見られるかどうかはハッキリしていないみたいです。

念のため6ヶ月に1回は該当アカウントにログインした方が無難です。

 

凍結の解除法についてついてはこちらの記事から読めます↓

【Twitter】今、放置垢の凍結祭りやってるみたいですよ。凍結の解除法について

スポンサーリンク
関連コンテンツ