【衝撃】ジャンプ「銀魂」連載終了の理由について!裏事情がやばいwww

スポンサーリンク

 

 

週刊少年ジャンプ(集英社)で2003年から連載中の人気漫画「銀魂」が、9月15日発売の42号で完結することが今月20日発売の38号で発表されましたね。この号を含む残り5話で、実に15年の歴史に幕を下ろす事となりました。

 

 

「銀魂」とは、開国を迫る異星人に占領された江戸の町を舞台に、何でも屋の坂田銀時の活躍を描くSF時代劇コメディー。単行本74巻で累計発行部数は5500万部以上、アニメは4期目が現在放送されていますね。

 

 

小栗旬(35)が銀時役で主演の実写映画は今月17日から第2弾「銀魂2 掟は破るためにこそある」が公開中。さらなる盛り上がりが期待される中でのフィナーレとなりました。

 

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』本予告↓

 

ここ数年の同誌では、14年に「NARUTO―ナルト―」、16年に「BLEACH」「トリコ」など長年、屋台骨を支えてきた作品が終了。1976年開始の長寿作「こち亀」も、16年9月に週刊連載を終えて不定期掲載に移行されました。

 

これで、世界的人気作が続出した2000年代から続く作品は、97年開始の「ONE PIECE」だけとなりましたね。また、98年開始の「HUNTER×HUNTER」は、長期休載を挟みながら続いています。

スポンサーリンク

 

ここで気になるのが、この続出する人気作打ち切り減少の理由ですよね。

 

表向きには連載終了の理由として、

2016年7月から「最終章」に入っており、連載を終了するのは規定路線だった。

とされていますが、実際はどうなのでしょうか?

 

作者である空知英秋さんは

元々打ち切り覚悟で銀魂を描いていたそうですが、思いのほかアンケート順位が高く、安定した人気を得ていたのに驚いていました。途中で終わる(打ち切りなどで)漫画が多い中で、最後まで作品を描き終えられることに感謝しています

とのことで円満に完結できたことが分かりました。

 

これは余談にすぎないのですが「銀魂」が「銀魂’」になった理由については

ぶっちゃけこれは『大人の事情』。本当は『銀魂』のまま続けたかったけど、コピーライトが変わってしまうので区別のためにつけています。
つまり、一期と二期では、お金を出している面子も配分の仕方もちょっと違うので、どっちの商品か一目でわかるようにしておきたいということです。他のアニメで二期のタイトルが変わるのも同じような理由だと思います。
なので、視聴者のみなさんは気にせず『ぎんたま』と読んでください。『ぎんたまダッシュ』でも『ぎんたま毛』でもありません(笑)

と言っていました。これはがっつり「大人の事情」でしたね(;^_^A

 

 

15年間に及ぶ74巻。本当にお疲れさまでした!

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ