【バスケ】日本代表4選手、公式ウエアで深夜の歓楽街訪れ買春疑惑の末路・・・

スポンサーリンク

 

 

日本オリンピック委員会(JOC)は20日、ジャカルタ・アジア大会に出場しているバスケットボール男子代表の選手4人が、日本選手団の公式ウエアを着用して、夜の歓楽街を訪れ、女性を買春した可能性があることを明らかにしました。

 

JOCは19日付で4人の選手団員としての認定の取り消し処分を科し、20日早朝に帰国させたそうです。処分を受けたのはプロのBリーグに所属する

橋本拓哉(23)今村佳太(22)佐藤卓磨(23)永吉佑也(27)

の4人。

 

 

JOCの発表によると、4人は試合後の16日午後10時すぎ、「JAPAN」の文字の入った公式ウェア姿で、食事のため選手村からジャカルタ市内の繁華街に外出。飲食後、現地の日系人に女性が接客する店を紹介され、それぞれ女性を伴ってホテルに行き、17日未明に選手村に戻ったとのことです。

 

日本代表は問題前の16日午後6時半から行われた1次リーグ2戦目のカタール戦で初勝利を挙げた直後でした。これまで1次リーグ1勝1敗で、次は22日に香港と対戦する予定です。

 

選手団本部は外部から情報提供を受け、事実関係を確認。選手団の行動規範に違反したと判断し、処分。登録選手は12人で、今後は残った8人で試合に臨むとのこと。

 

記者会見を開いた日本選手団の山下泰裕団長は

「深夜に買春することは許されない」

「誠に残念である、心よりおわびしたい。全力で再発防止に取り組みたい」

スポンサーリンク

「日本スポーツ界、日本選手団を支援いただいている国民の皆様にご迷惑をおかけし、期待を裏切ることになりお詫び申し上げる」

頭を下げ説明。

 

選手たちは

「この度は私たちがとった軽率な行動により、日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会、京都ハンナリーズを始めとする関係者の皆さま、選手団の皆さま、チームメート、スタッフの皆さまに多大なご迷惑をお掛けしたこと深く反省しています。本当に申し訳ありませんでした」

と謝罪。女性との行為において、金銭のやりとりがあったかという問いに

1人あたり120万ルピア(9090円)を支払った

と売春行為について認めていました。

 

4選手が謝罪会見↓

 

アジア大会への派遣は国費で賄われています。そのため国民の期待に応えるべく、競技での活躍のみならず、競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける必要があります。

 

ドーピングの観点からも宿舎以外での飲食は勿論危険ですし、病気にかかるリスクもあります。認識の甘さが目に見えてわかりますね。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ