女子高生コンクリート殺人事件の犯人に新たな衝撃事実判明…今度は殺人未遂事件!

スポンサーリンク

 

 

8月19日、埼玉県川口市の路上で、32歳の男性の肩を警棒で殴った上、首をナイフで刺したとして45歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕されました。

 

同日18時5分、被害者の男性から

『警棒で殴られ、刃物で首を切りつけられた』

との110番通報があり臨場しました。男性は首の後ろから流血がありましたが、幸いなことに命に別状はありませんでした。

 

しかし、加害者はその場におらず、駐車トラブルの原因となった車輌ナンバーから自宅を割り出し自宅に行くと、犯行を容認。19時50分に緊急逮捕となりました。

 

加害者は

『刺したことは間違いないが、殺すつもりはなかった』

と供述しています。

 

凶器となった警棒は3段式の伸縮性で全長41センチ。実際に警察が使用しているものとは少し異なり、いわゆる護身用として販売されているものだそうです。

刃物のほうは折りたたみ式で刃渡りは8センチ、広げたときの全長は19センチ。こちらは正当な理由なく、刃渡り6センチを超える刃物を携帯すれば銃刀法違反で2年以下の懲役、または30万円以下の罰金で罰せられます。

スポンサーリンク

 

 

まぁ、駐車トラブルとの事なんで俗に言う近隣関係の揉め事です。これくらいの出来事だと「物騒なトラブルだな」くらいで流せますが、逮捕された男は川口市の無職、湊伸治。

 

今から30年前の「綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人」をご存知でしょうか?悪質で卑劣な事件で世間を騒がせたのですが、その時の主犯である4人のうちの1りが、今回の加害者・湊伸治なんですね。

 

日本中を震撼させた、綾瀬「女子高生コンクリート詰め殺人事件」。当時16~18歳の少年が、見ず知らずの17歳の女子高生を拉致し、40日間に亘り監禁した上、なぶり殺し、遺体をドラム缶に入れてコンクリートで固め、江東区の埋め立て地に遺棄。

 

鬼畜としか思えぬ犯行でした。しかも彼らが監禁に及んだ部屋は、少年の両親が同居する実家の2階の自室。その少年こそ、湊伸治(当時16歳)です。両親は共産党系の診療所に勤務し、父は診療所の経営する薬局の薬剤師、母は看護士でした。2人とも共産党員だったため、警察への対応も筋金入りでした。家宅捜索も弁護士立ち会いの下で認めるという具合で、そのために捜査が遅れたと言われたほど。

 

湊には懲役4年以上6年以下の不定期刑が下されました。

 

あれから30年。彼は今もなお構成できていないと言う事なのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ