女子高生コンクリート殺人事件の犯人達の現在が…

スポンサーリンク

 

 

8月19日、埼玉県川口市の路上で、32歳の男性の肩を警棒で殴った上、首をナイフで刺したとして45歳の男が殺人未遂の疑いで緊急逮捕されました。

 

駐車トラブルとの事なんで俗に言う近隣関係の揉め事です。これくらいの出来事だと「物騒なトラブルだな」くらいで流せますが、逮捕された男は川口市の無職、湊伸治。

 

今から30年前の「綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人」をご存知でしょうか?悪質で卑劣な事件で世間を騒がせたのですが、その時の主犯である4人のうちの1りが、今回の加害者・湊伸治なんですね。

 

 

日本中を震撼させた、綾瀬「女子高生コンクリート詰め殺人事件」。当時16~18歳の少年が、見ず知らずの17歳の女子高生を拉致し、40日間に亘り監禁した上、なぶり殺し、遺体をドラム缶に入れてコンクリートで固め、江東区の埋め立て地に遺棄。鬼畜としか思えぬ犯行でした。

 

そんな、少年たち現在の現在はどのようになっているのでしょうか。

 

リーダー格少年

宮野裕史(現在:横山裕史)は1970年4月30日生まれで、中学時代は柔道で軽量級の選手として実績がありました。高校進学後は中退してしまい、暴力団と仲を深め半グレ集団を立ち上げます。

懲役20年の刑を受け千葉刑務所に服役していましたが2008年に出所。

2013年に振り込め詐欺で逮捕。

 

スポンサーリンク

リーダーの右腕

小倉譲、1971年5月11生まれ、後に両親が別居するなど家庭環境には恵まれていなかったそうです。私立修得高校に入学するも1年の2学期で中退し、宮野裕史と共に事件を起こします。

裁判では5年~10年の不定期刑が確定し、1999年8月3日に出所。

2002年に結婚、養子縁組で神作譲に改名。
2004年に三郷市逮捕監禁致傷事件を起こし再逮捕

 

湊伸治、1972年12月16日生まれ、足立区内の名門中学校を卒業し、都内で唯一の科学専門工業学校に進学する優等生であったものの、上記二人と親しくなったことでコンクリート事件にも関わりをもってしまいます。

被害者女性を監禁した先の自宅は湊伸治の部屋で、不良たちのたまり場になっていた。

裁判では4年~6年の不定期刑が確定。出所後はムエタイ選手に。
2018年8月19日に殺人未遂で再逮捕される。

 

渡邊恭史、1971年12月18日生まれ、内気な性格であり、中学卒業跡は定時制高校に入学するもののすぐに登校拒否し退学します。退学後に宮野裕史と出会い、犯行を共に行います。

判決は5年~7年の不定期刑となりました。

 

その他少年E・F・Gは少年院送致、現在状況不明。

 

 

少年ということがありながらも裁判の判決は甘いという声が多くありました。実際に少年らはその後も事件を起こしています。更生とはいかなるものだったのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ