淡路島で風車倒壊、その結果とんでもない事が発覚!!こりゃまずいwww

スポンサーリンク

 

 

台風20号の通過から一夜明けた24日朝、各地で被害が次々と明らかになっています。兵庫・淡路島では高さ約60メートルの風力発電の支柱が倒壊。公園を所有する淡路市は、台風による強風で倒れたとみて調べています。

 

「風車倒壊」の画像検索結果

 

また、台風に伴う大雨の影響で、和歌山県新宮市では熊野川が氾濫、福祉施設が一時孤立する事態となりました。その他にも強い風にあおられてトラックが横転するなど、けが人も相次いぎました。

 

神戸市北区山田町の神戸電鉄大池-花山間で、線路脇の土砂が路に流入。始発から谷上-有馬口間が不通となりました。

 

24日午前0時15分ごろには、同県西宮市西宮浜のマンションの屋根の一部が剥がれ、駐車場に落下。

 

関西国際空港では24日未明、航空機用のコンテナなどが風に飛ばされて滑走路に散乱したため閉鎖。運用の全面再開は正午ごろになる見通しとのことです。

 

23日夜から24日にかけて交通機関も乱れた。JR西日本によると、山陽新幹線は23日午後7時ごろから新大阪-広島間の上下線で終日運転を見合わせ、計51本が運休、約2万1千人に影響した。在来線でも東海道線や山陽線など計23線区830本に運休や遅れが生じ、約30万人に影響しました。

スポンサーリンク

 

私鉄でも近鉄が午後4時から順次本数を減らし、同10時ごろに運転を終了。南海電鉄や阪神電鉄などでも運休や遅れが生じました。

 

24日もJR西の在来線は多くの路線で始発から一時運転を見合わせたり本数を減らしたりして運行。阪神では武庫川駅付近で飛来物が通信線と接触した影響で、本線の尼崎-西宮間と武庫川線が始発から一時運転を見合わせたため、通勤客らが阪急に殺到。

 

大混乱となりました。

 

一方で、冒頭でも紹介した淡路島で起きた風力発電の風車が倒壊の件について、台風20号の影響で倒れたと言われていますが、倒れた現場映像を見ている限り根本から綺麗に倒れていて

風車と地面を杭を打っているように見えない

という観点から建造物として礎工事が弱かった問題あるのではないか?と騒がれているんですね。

実際の転倒現場がこちら↓

 

 

何とも、綺麗に倒れていますね。一応調べてみたところ風車の構造としては以下のようになっている見たいです。

こちら↓

これは、現場画像と照らし合わせてみると基礎工事が弱かった可能性もありますね。早急な調査が必要です。

 

いずれにせよ、けが人が出なくて何よりです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ