【24時間テレビ】YOSHIKI ノーギャラ ホントの狙いはこちら【インスタ画像有り】

スポンサーリンク

 

 

あの国民的スター「X JAPAN」のYOSHIKIさんが8月26日に放送された24時間テレビ41『愛は地球を救う』に初出演し、11歳の盲目の少年と共に日本武道館のステージで感動的なパフォーマンスを披露し話題となっています。

 

今回、YOSHIKIさんは番組からのオファーを受け、盲目の少年の夢を叶えるため、武道館での夢のセッションを実現させる企画に出演。

 

共演した酒井響希くん(11)とちょうど同じ歳の頃に父親の死を経験し、その絶望の淵から這い上がることができたのは「音楽」があったからだと口にするYOSHIKIさんは、あの頃の自分と響希くんを重ね合わせ今回の番組出演を快諾したそうです。

 

さらに、YOSHIKIさんは番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演。自らもステージで寄付金300万円の目録を手渡しました。

 

 

共演した響希くんは1歳10ヶ月の時に両眼性網膜芽細胞腫という小児がんを発症。2カ月後に両目を摘出し、2歳にして光を失いました。

 

YOSHIKIさんに憧れドラムの練習に打ち込む響希くんの“プロドラマーとして世界中に勇気を届けたい”という夢の第一歩を手助けするため、米ハリウッドで「ジャパン・ハウス LA」のグランドオープニングセレモニーでパフォーマンスを行っているさなか、YOSHIKIさんはその足で空港に向かい当日朝に帰国したばかりだったそうです。

 

 

YOSHIKIは響希くんの手をとり気にかけながらゆっくりステージ中央のドラムまで導いた。YOSHIKIが後ろから見守る中、響希くんはドラムでX JAPANの代表曲「紅」を披露。

 

そして2人の共演「ENDLESS RAIN」では武道館の会場全体に大合唱の声が響き渡り、感動的なフィナーレとなりました。

 

 

放送中にはSNSのトレンドランキングで「YOSHIKI」が1位に躍り出るなど、2人のパフォーマンスを絶賛するコメントが殺到。

 

またYOSHIKIさんの登場以降は視聴率が急上昇、パフォーマンス時には28.7%という高い数字を記録しました。

 

 

YOSHIKIさんは武道館での出演前に自身のツイッターを更新。

 

「これから24時間テレビに出演します。色々と意見をもらいましたが、今回、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演させて頂いています」

「みんなと一緒に、少しでも人々に夢や希望そして勇気を与えることができれば。それだけです。応援してね!」

と自身の思いをつぶやいていました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ