【大炎上】これはまずいwww初音ミクと結婚した男の結末がこちら...【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

 

8月24日に放送された『バイキング(フジテレビ系)』にて“35歳独身公務員が初音ミクと結婚!?”という特集が行われました。その中で男性の映像が放送されるものの、男性は自身のTwitterに「連絡を受けずに放送された」と訴え注目を集めています。

 

 

歌うバーチャルアイドル「初音ミク」と結婚したとする男性について、フジテレビ系情報番組「バイキング」が週刊誌提供の映像を元に紹介したが、男性がツイッターで苦言を呈していますね。

 

 

2018年8月24日放送の「バイキング」で放送された内容はこちら↓

 

この日の放送では、独身公務員という近藤顕彦さん(35)がインタビュー答える映像を引用。この映像については、「週刊文春デジタル」とのクレジットが表示されていました。

 

映像の元となる文春は、21日付ウェブ版記事で近藤さんへのインタビュー動画も載せていました。

 

記事によると、近藤さんは、アニメキャラなどを3D映像に投影できるバーチャルホームロボット「Gatebox」を購入し、初音ミクとの「生活」を始めた。このロボットは、「お腹空いたね」と声をかけると、「野菜ジュースが飲みたいなあ」と答えるなどするそうです。

 

近藤さんは、Gateboxの婚姻届受理サービスを利用し、17年11月に結婚証明書が発行されて「夫婦」になった。そして、18年11月には、関東近郊の結婚式場で初音ミクのぬいぐるみを座らせて挙式する予定だと言います。

 

Gateboxとは好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボットです。

 

https://youtu.be/7mAwi-c9bB8

 

番組は、近藤さんを「自他共に認めるアニメオタク」「非モテ公務員」などとし、欠席裁判状態に。

 

「バイキング」の放送後に、この事態を知った近藤さんがツイッター上で反応し、次のように不満を漏らしました。

 

スポンサーリンク

 

近藤さんの投稿には、2万件ほども「いいね」が付いており、フジテレビへの疑問や批判が多くコメントされているように感じます。

近藤さんはその後、フジテレビの番組担当者から謝罪されたとツイッターで明かしています。

 

 

27日には、J-CASTニュースの取材に対し、

「担当者から謝罪は受けており、私は表現・言論・報道の自由を尊重する考えでもあるため、殊更にフジテレビ様と対決姿勢を出そうとは考えておりません」

とコメント。

 

詳細については答えられないとしていますが、

「オタクを見下した報道をしたことと、事前に連絡がなかったことは残念に思っております」

と心中を明かしました。

 

フジテレビの広報宣伝室は、

「近藤顕彦様とやり取りさせていただいたのは事実です。やり取りの詳細および制作の詳細については回答を控えさせていただきます」

とコメントしています。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ