【人身事故】栃木高2自殺事件、Twitterの最後の投稿がこちら・・・

スポンサーリンク

 

 

栃木県小山市羽川のJR宇都宮線小山―小金井間の踏切で今月27日夜、市内に住む県立高校2年の男子生徒(16)が下り普通電車にはねられ、死亡しました。踏切近くに男子生徒の自転車が止められていたことや、運転士の目撃情報などから、小山署は自殺の可能性が高いとみて調べています。

 

発表によると、現場は警報機と遮断機があり、運転士が、踏切内に人が現れたのに気付き、ブレーキをかけたが間に合わなかったとのことです。電車の乗客らにけがはなかったそうです。

180828ann

 

男子生徒の通っていた高校は28日が始業式だったとのことで学校が何かしらの原因だった可能性があります。

 

同校は始業式後、臨時に職員を集めて情報を共有。

教頭は取材に対し、

「男子生徒の夏休み前の学校生活の様子などについてはこれから調べるが、現時点で人間関係のトラブルなどは確認できていない」

とコメントしています。

県教育委員会は今後、学校側に対する聞き取り調査を行うとのことです。

 

捜査関係者によると、ツイッターにはこの男子生徒のものとみられる

「もっと勉強が出来たなら」

「まさか自分が今日死ぬなんて思ってなかった」

との書き込みがあった他、自殺をほのめかすtweetも確認できています。

スポンサーリンク

 

 

JR東日本大宮支社によると、この事故で宇都宮線は上野―宇都宮間の上下線で約2時間運転を見合わせ、約3100人に影響が出ました。

 

ZXIpubo8j7sfEGn_qx3hg_144

 

ZXIpubo8j7sfEGn_hhSC6_285

スポンサーリンク
関連コンテンツ