リオ五輪体操女子代表・宮川紗江が会見でパワハラ告発!!その結果・・・朝日生命解約祭りw【画像あり】

スポンサーリンク

 

 

体操女子リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江さん(18)が昨日29日、自らへの暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を科せられた、速見佑斗コーチ(34)に関する一連のパワハラ騒動について、都内で会見を開き波紋を呼んでいます。

 

「宮川選手」の画像検索結果

宮川さんは会見の中で、日本体操協会からパワハラ行為があり、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める、朝日生命体操クラブに加入させられそうになったなどと説明。

 

詳しい会見の内容は

塚原女子強化本部長による速見コーチの暴力に対する証言の強要。その騒動を理由に専属コーチ(速見コーチ)がいなくなった宮川さんに対して塚原女子強化本部長が朝日生命に入るように持ちかけたそうです。

この一連から宮川さんは、「コーチと私を行為的に引き離そうとしている」と感じ「強化本部長が大きく関わっていたのは間違いない」「権力のある人には、1人の選手の人生は関係ないんだと思った。言いたくても言えば、何をされるか分からない選手、コーチ、審判もいると思う。それは権力を使った暴力。純粋に強くなりたい」と訴え、さらに「協会にはパワハラの事実を認めていただきたい。18年しか生きていませんが勇気を持って立っています」としました。

 

会見の様子がこちら↓

宮川さん直筆のメモがこちら↓

スポンサーリンク

 

現在、速見コーチは東京地裁に指導者の地位保全を求める仮処分の申し立てを行っているそうです。

 

前代未聞の不祥事が告発され混乱している方も多いかと思います。今回の出来事を分かりやすくまとめた相関図を見つけましたのでご覧ください↓

https://twitter.com/miyamonpark/status/1034794745380229120

この速見コーチに対する不自然な処分の背景として、塚原千恵子強化本部長が、自身が監督を務める朝日生命体操クラブへ宮川選手を移籍させたい思惑があったのでは、とも言われていますね。

 

もしこれが事実であれば、塚原強化本部長が指導権を握ってて選手、コーチ、審判を従わせてたこと、自分の思うようにならないと邪魔な人を排除していたこと、体操協会が知らなかった訳がないはずですよね。

 

むしろ協会も塚原本部長に従ってたと言う事になります。そうなれば協会ごと処分される可能性も出てきますし加害者(体操協会)が下した処分は見直すべきですね。

 

これを受けて、SNS上では「朝日生命解約」と言うワードが急上昇に上がってきています。

やはり、大きな組織ほど問題を起こすと損害がでかいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ