ジャニーズ事務所分裂の危機!?喜多川社長、滝沢秀明を後継に指名した理由がこちら

スポンサーリンク

 

 

ジャニーズ事務所の社長をつとめるジャニー喜多川氏(86)が滝沢秀明(36)を後継者に指名していたことが、8月30日発売のある週刊誌が報じました。

 

今回、後継者に指名された滝沢さんは、1995年、13歳でジャニーズ事務所に入所。その直後から、ジャニー氏の寵愛を受け続けてきたことで有名です。今井翼さんとのユニット「タッキー&翼」でデビュー後も、ジャニー氏が演出する舞台を中心に活躍。2010年から公演を行っている「滝沢歌舞伎」では演出まで任されているんだとか。

 

 

指名した理由として事務所が肥大化していくなかでテレビの仕事が主流になりつつありますが、ジャニーズ事務所の保守本流の仕事はあくまで舞台。その意味でも滝沢さんはトップリーダーの条件を備えている。と見ているそうです。

 

すでに滝沢さんはタレント売り込みのため、テレビ局詣でを続けているそうなんですね。

 

ジャニーズ事務所に今後の滝沢の活動について聞いたそうですが、「担当者不在」との理由で残念ながら回答はなかったみたいです。

 

しかし、この一報にネット上では

「東山(紀之)さんじゃないんだ」

「マッチ(近藤真彦)じゃないんだ」

「上に先輩が何人もいるのに、やりにくくないんだろうか?」

スポンサーリンク

「かなりの下克上だね?」

と驚きの声とともに、36歳で後継者指名された滝沢さんを案じる意見も多く上がっていました。

 

 

確かに、この騒動が真実なら「事務所分裂の危機」になりかねないですよね。

 

ジャニー氏の妹で同社副社長のメリー喜多川氏は、かつてインタビューで、

娘の藤島ジュリー景子副社長が次期社長

と明言していました。

 

 

そのこともあり、ジャニー氏が滝沢さんを後継に指名したとなると、揉めるのは必至的ですよね。

 

これはあくまでも推測ですが、このタイミングでこのような記事が出たということは、ジャニー氏からのメッセージとも取れますよね。もし、これに従えないのであれば、メリー氏やジュリー氏には『事務所を出て行け』と伝えるよう気もします。

 

 

また滝沢さんと言えば10代の頃からジャニー社長に見込まれ、ジュニアグループのリーダーとして若手育成も手掛けてきた事は有名ですよね。コンサートやステージでは数多くの後輩をまとめてきた実績もあります。

 

ジャニーズという大看板を託せる素養は十分ともいえますね。今後、滝沢さんが描き出すジャニーズ帝国はどのようなものになっていくのでしょうか。楽しみですね。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ