【奈良バイク事故】死傷の14-18歳少年少女に衝撃事実判明!実際の暴走運転映像が流出【動画あり】

スポンサーリンク

 

 

奈良市の国道24号で大型バイク1台とミニバイク2台が転倒し、14~18歳の男女8人が死傷した事故で、8人全員が大型二輪免許を持っていなかったことが31日、奈良県警への取材で判明しました。

 

県警は道交法違反(無免許運転)と自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで捜査する方針。

 

県警によると、死亡したのは、いずれも奈良市の17歳の少年3人と18歳の少年2人と、奈良県大和郡山市の中学3年の女子生徒(14)。また、奈良市の少女(17)が外傷性くも膜下出血で重傷、同市の中学3年の女子生徒(14)は打撲などで軽傷だったそうです。

「奈良バイク事故」の画像検索結果

 

「奈良バイク事故」の画像検索結果

 

「奈良バイク事故」の画像検索結果

 

「奈良バイク事故」の画像検索結果

 

事故現場では2つのヘルメットしか確認されておらず、着用していなかった人がいた可能性があり、2人乗りの大型バイクと1人乗りのミニバイク2台に8人が分乗しており、乗車定員を超えていたとみられます。

スポンサーリンク

 

8人のうち4人は原付免許を取得していましたが、現場周辺の防犯カメラには、複数人が乗っているとみられる走行中のバイク3台が写っており、県警は映像を精査するとともにけが人の回復を待って事情を聴く方針だそうです。

 

img_8ef69240fda6b2c189e20c3d41cf08b5197547

 

 

警察によりますと、死亡したのは大和郡山市に住む中学3年生の14歳の少女のほか、いずれも奈良市に住む17歳の少年3人と18歳の少年2人と確認されました。

 

 

また、これまでの調べで、高架橋の手前で信号待ちをしていたトラックが脇をすり抜ける3台のバイクを目撃していたということです。当時は信号は赤でしたが、3台はいずれも無視して走行していたということです。警察はけがをした少女2人の回復を待って8人の関係を聞くとともに、付近の防犯カメラを解析するなどして、事故直前の走行状況などを調べることにしています。

 

奈良署によると、高架橋上で排気量1000ccの大型バイク1台とミニバイク2台が転倒していたとのことです。大型バイクは大破、ミニバイクの1台は原形をとどめていないことから、何ら化による大きな衝撃が事故の原因となった可能性が高いですね。

 

奈良署で公開された破損した大型バイクとスクーター↓

「奈良バイク事故」の画像検索結果

 

事故当時者の実際の暴走運転映像が流出!

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ