【体操】速見コーチの宮川紗江への暴力映像が流出!!その結果【動画あり】

スポンサーリンク

 

体操女子リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江さん(18)が昨日29日、自らへの暴力行為で日本体操協会から無期限の登録抹消と味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)での活動禁止処分を科せられた、速見佑斗コーチ(34)に関する一連のパワハラ騒動について、都内で会見を開き波紋を呼んでいます。

 

「宮川選手」の画像検索結果

宮川さんは会見の中で、日本体操協会からパワハラ行為があり、塚原千恵子女子強化本部長が女子監督を務める、朝日生命体操クラブに加入させられそうになったなどと説明。

 

詳しい会見の内容は

塚原女子強化本部長による速見コーチの暴力に対する証言の強要。その騒動を理由に専属コーチ(速見コーチ)がいなくなった宮川さんに対して塚原女子強化本部長が朝日生命に入るように持ちかけたそうです。

この一連から宮川さんは、「コーチと私を行為的に引き離そうとしている」と感じ「強化本部長が大きく関わっていたのは間違いない」「権力のある人には、1人の選手の人生は関係ないんだと思った。言いたくても言えば、何をされるか分からない選手、コーチ、審判もいると思う。それは権力を使った暴力。純粋に強くなりたい」と訴え、さらに「協会にはパワハラの事実を認めていただきたい。18年しか生きていませんが勇気を持って立っています」としました。

 

会見の様子がこちら↓

宮川さん直筆のメモがこちら↓

スポンサーリンク

 

現在、速見コーチは東京地裁に指導者の地位保全を求める仮処分の申し立てを行っているそうです。

 

そんな中で、とある番組では速見コーチが3年前に宮川さんへ行った暴力行為の瞬間の映像を放送。

 

映像は直立不動の宮川さんに右手でほおをビンタし次に左手でビンタしていました。

 

 

この映像にMCの坂上忍(51)は「引っぱたくレベルじゃないです。平手ですから、ビンタというかもしれないですけど、表現としたら殴る方が適当だと思います」と示していました。

 

 

また、番組では今回の映像の撮影者のコメントを紹介。この映像は

「今から3年ほど前、当時、宮川選手と速見コーチが所属していた埼玉県内の体操クラブでの練習場で撮影されたもので、撮影したのは同じクラブに通っていた関係者です。関係者によると、こうした行為は頻繁に行われていたということでコーチから抱きかかえられた状態から投げ飛ばされたこともあるということで宮川選手は暴力行為後に流血したり頭痛を訴えていたこともあります」

と明かしていました。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ