『キムタクが如く』の世界が凄すぎる!!ゲームからの映画化は間違えなさそうな作品

スポンサーリンク

 

 

木村拓哉さん(45)が、セガゲームスの新作『JUDGE EYES:死神の遺言』の主演に起用されると各メディアが報じ、ネット上では本人そっくりのCGが、早速話題を呼んでいますね。発表から2日経ってもトレンド入りさてる程、かなりインパクトあったんでしょう。

 

同ゲームは、プレイステーション4の完全新作で、殺人事件の謎を解明していくリーガル・サスペンスアクション。木村さんのほかに、俳優の谷原章介さん(46)、ピエール瀧さん(51)、滝藤賢一さん(41)、中尾彬さん(76)ら豪華キャストが名を連ねる作品です。木村さんは、主人公・八神隆之さんの声を演じます。

 

 

9月10日配信のライブショーイベント「PlayStation LineUp Tour」にてゲームのリリースが発表されると、Twitterではたちまち「キムタク」がトレンド入り。驚きの声が上がりました。

 

製作は、今までも豪華キャストを起用している「龍が如くスタジオ」が手掛けることから、「キムタクが如く」という愛称もさっそく生まれています。

 

同ゲームは9月10日より先行体験版が配信され、12月13日に発売予定。映画のような豪華キャストがどんなストーリーを織りなすのか、期待が高まりますね。

 

 

 

スポンサーリンク

ttt

yyy

 

木村さんが演じるのは歌舞伎町を根城にする私立探偵・八神隆之。

 

かつては新進気鋭の若手弁護士でしたが、自分が無罪を勝ち取った男が再び殺人を犯したために、弁護士をやめて探偵に身をやつすことに。

 

ゲームでは、そんな八神がある事件を切っ掛けにして再び過去と向き合うことになり、それに絡んだ様々な謎とドラマが描かれていくそうです。

完成披露会では、まず詳しいゲーム内容をビデオで紹介。

 

ターゲットに見つからないよううまく尾行したり、カメラやドローンを駆使しての決定的な証拠写真の撮影&それを突きつけての追求、そして街を疾走しながらの追跡や痛快なアクションが楽しめる格闘バトルなど、メインストーリーと平行して私立探偵としての様々なミッションも楽しめるようになっているんだとか。

 

12月13日に日本・韓国・中国版が同時発売となり、本日より冒頭が遊べる体験版もダウンロード可能となっている『JUDGE EYES:死神の遺言』。ぜひゲームによって描かれるサスペンスストーリーを、いち早く体験してみてください。

 

JUDGE EYES:死神の遺言 体験版を実況プレイ↓

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ