【タッキー&翼解散】ジャニー喜多川のコメントがこちら...ファン炎上【裏事情まとめ】

スポンサーリンク

 

2002年にデビューし、昨年からは活動休止に入っていたジャニーズ事務所の「タッキー&翼」が解散していたことが今日13日に、発表されました。

 

 

発表によると、タッキー&翼が解散したのはデビュー16周年を迎える前日の今月10日。滝沢秀明さんは年内いっぱいで芸能活動を引退し、ジャニーズJr.の育成や舞台・コンサートなどのプロデュース業に回るとのこと。

 

メニエール病を患い、病気休養していた今井翼さんはジャニーズ事務所を退所し、心身の健康を取り戻すことが発表されました。

 

今回の解散および滝沢秀明さんの芸能界引退、今井翼さんの事務所退所について、ジャニーズ事務所 代表取締役社長・ジャニー喜多川氏からコメントが発表された。

 

以下全文↓

この度タッキー&翼が解散することになりました。約1年の活動休止期間中に彼らが考え抜き、 大人として決断したことを尊重したいと思います。

滝沢秀明は芸能界を引退してジュニアの育成や私の舞台演出を手伝ってくれると聞き、本人にはプレイングマネージャーの選択肢があることも伝えましたが、裏方に専念したいという強い希望を受けて、 このようなご報告となりました。お世話になっているお仕事関係者の皆様には突然のことで大変ご迷惑をお掛けし、 誠に申し訳ございません。

今井翼はこの数年間、体調不良で仕事が思うように出来ない中、本人が辛い思いをしていたのを間近で見ておりました。
責任感の強い彼にとって、仕事をしながら 病気を治すことは難しく、 何も背負うものがない状態で自分と向き合いたいと聞き、本人の希望を受け入れました。 心身共に健康となった彼がまた活躍してくれる日が 1日も早く来ることを心から願っています。

ファンの皆様には突然のお知らせで本当に申し訳なく思いますが、 2人それぞれが 選んだ道を是非ご理解頂き、温かく見守って頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

株式会社ジャニーズ事務所 代表取締役社長 ジャニー喜多川

 

 

この発表に対し、ファンからは悲しみの声のほか、

「3日も経ってからの事後報告って、ずっと待ってたファンのことなんだと思ってるの?」

「せめて最後に2人揃ったところを見たかった。酷すぎる」

「事後報告の解散って、円満な解散じゃないのか疑ってしまう」

といった声も聞かれています。

 

 

休止発表は昨年でしたが、2014年以降、『タッキー&翼』は今井の体調不良のため、長らく開店休業状態。今となっては当然ですが、16周年もイベントは何もなし。ネット上などで密やかに16周年を祝福していたファンの衝撃は図り切れませんよね。

 

昨年の休止発表の際には、ふたりに『タッキー&翼に戻ってきたい』という意思があるとされていただけにファンの落胆も大きく、不信感に繋がってしまったのではないでしょうか。

 

さらに、ジャニーズファンの間には、先月30日に週刊誌が、

ジャニー喜多川社長が滝沢を次期後継者として指名した

と報じました。

 

それを不審に思うファンも決して少なくなかったのですが、今回滝沢が裏方に専念することが明らかになったことで、少なくともプロデュース面でジャニー氏の後継者となることは確実になります。

 

ただ、滝沢さんはまだ36歳で、ジャニーズでも中堅。

 

後継者については長らく『東山紀之か近藤真彦か』と言われていただけに、ファンからは

『後継者争いで事務所内がドロドロになりそう』

『泥沼化で雰囲気が険悪になるのだけは避けてほしい』

といった声も聞かれています。

 

今後のジャニーズ事務所の動きが気になるところです。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ