【変態セブン】栃木セブンイレブン・変態店長の末路がこちら…【画像あり】

2018年9月25日

スポンサーリンク

 

 

栃木県内のセブンイレブンで今月、店のオーナーである男性店長が女性客に対し、ひわいな言葉や行為を繰り返している動画がインターネット上に投稿され、セブン&アイ・ホールディングスが事実関係を認めて謝罪しました。

 

 

動画は9月17日午前2時ごろ、栃木県南部にあるセブンイレブンの店舗で、ひわいな言動を受けた女性が撮影したものとみられます。

 

 

動画では、店で働く中年の男性が、レジに並んだ女性客の前でひわいな言葉を発したり、ズボンの中に突っ込んだ手をチャックの間から出して動かしたりしたりと、まず人としてとんでもない行動をとっていました。女性客が「なにをしてるの」と指摘しても、ひわいな言動を続け、女性が店から出た後、つきまとい続ける姿も映されていました。

実際の映像がこちら↓

 

https://twitter.com/Hokuropiasu777/status/1042084213233659904

 

投稿者は、友人から動画の提供を受けたとしていて、動画は約30秒の長さ。男性店長の不適切な言動を編集してまとめているようにとれます。冒頭では「ガチ恐怖でガチ悲鳴 酔ってんの?こわい」とのテロップが表示され、撮影者とみられる女性の金切り声が響きます。

 

sebun

sebun2

 

親会社のセブン&アイ・ホールディングスによると、この店はフランチャイズ店。オーナーの男性は内部調査に事実関係を認め、「大変反省している」と話したそうです。同社は

スポンサーリンク

「お客様に不快な思いをさせてしまい大変申し訳ない。加盟店の対処も含めて対応していく」

とコメント。

 

動画は編集されているため、客と店員の間にどんなやり取りがあったのかは不明なものの、勤務中にもかかわらず、不適切な言動を繰り返す店員の行動はネット上で大炎上。

 

そのほかツイッター上には、「セブンのオーナーじゃん」「この人毎回こんな感じですよ」との書き込みがあり、どうやら、こうした不適切な接客は、以前から地元では有名だったみたいです。この店は以前から地元で「変態セブン」と呼ばれていた、との情報もだまわっています。

 

セブン&アイ・ホールディングスの広報担当者は、問題の動画が撮影されたのはフランチャイズ契約の店舗で、男性は店のオーナーだと説明しています。

 

その上で、オーナー本人から21日に解約の申し出があったとし、

「本日付で契約を終了しました」

と、発表。

 

店舗の今後については、

「明日18時でいったん、休業いたします」

と説明。

 

また、

「地域の皆様にご利用いただいている現状を踏まえ、運営形態を新たにした上で、再オープンする方向で検討をしてまいります」

ともコメントしています。

 

なお、このオーナーがなぜ客に卑猥な言動を繰り返していたのか、その理由について本部の広報担当者は「把握しております」。ただ、詳しい話を取材で明らかにすることは、「差し控えさせていただきたい」としているそうです。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ