【パニック】キンプリファン(ティアラ)が新幹線に張り付き無断撮影、7分遅延でネット炎上(その様子がこちら)

スポンサーリンク

 

 

2015年に結成された、ジャニーズの6人組男性アイドルグループ『King & Prince』(キンプリ)。今年CDデビューを果たし、その人気っぷりは、第二の「嵐」と言われるほどです。そんな彼らのファンのことは「ティアラ」と呼ぶそうで親しみやすいところも人気の秘訣かもしれませんね。

 

8月10日から始まったKing & Prince初のアリーナツアー「King & Prince First Concert Tour」が9月22日オーラスを迎え、大盛況の内に終了。

 

 

この間、FC会員も急激に伸びコンサート発表直後16万人だった会員数は27万人以上に膨れ上がりました。勢いの止まらないKing & Princeですが、一方で残念な事態も起きていました。

 

 

9月22日の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ最終公演でトラブルが起きていたんですね。King & Princeのメンバー6人はコンサート終了後に即、新幹線に乗るために仙台駅に移動。1時間近くで仙台駅発の新幹線のグリーン車に搭乗しました。

 

 

しかし、いわゆる「出待ち」で仙台駅の新幹線ホームに殺到、新幹線は7分ほど遅延。駅員も大声をあげ、現場はパニックになっていたというから、たまたまキンプリのメンバーと乗り合わせた他の乗客も大迷惑がかかってしまいました。

 

事務所側は日頃から

「タレントが移動する際の駅や空港などでの過激な追跡行為をは絶対におやめください。」

と公式HPなどで呼びかけているのだが、新規ファンも多いためなのかティアラ(ファン)には今回は届かなかったみたいですね。

スポンサーリンク

 

ちなみにKing & Princeのメンバーは駅員が座席に周って来た時に直接謝罪したとのことで。本人たちも少なからずショックだったに違いありません。

 

一般の利用客による怨嗟の声や、マナーの悪さを指摘するような動画や画像などが多数アップされていました↓

 

ティアラがKing & Princeの乗っているであろう席の窓に殺到、覗いたり叩いたりする動画、写真が炎上。

その他にも、ホームが人で溢れて一般の人も全然乗れずに怒号が飛び交う、混乱のせいで発車が遅れる、東京駅の新幹線ホームでも出待ち……などといった指摘が残念なことに複数ツイートされていました。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ