【最新】2048年、台風24号の進路予想図がとんでもないことに・・・こりゃまずい

スポンサーリンク

 

 

日本に接近中の台風24号は、今週末に先島諸島付近を通過した後、週明けにかけて日本列島を直撃する可能性が高まってきました。先島諸島から東シナ海に進んで、東に進路を変える進路は、去年9月に九州に上陸した台風18号と似ている点が多くあります。

 

■ 去年の台風18号との類似点 ■
・東シナ海で勢力が強まる
・進路を東に変えて急加速
・広いエリアで暴風に警戒

 

去年の台風18号は、海面水温が高い東シナ海で発達のピークを迎えました。今回の台風24号も沖縄の南で一旦、勢力を弱めたものの、先島諸島から東シナ海に進む中で再び勢力を増すと予想されます。その分、勢力を保った状態で日本列島に近づきそうです。

 

 

どちらも秋の台風らしく、急に速度を上げて日本付近を北上します。東シナ海を北上中は自転車並みの速度で進んでいたものが、上空のジェット気流に乗ることで、自動車並みに加速します。日本に近づくに連れて、スピードが上がって急に近づいてきますので、対策は早め早めに行うようにしてください。どちらも強風域の直径が1000kmを超える大型台風で、台風の中心から離れたところでも暴風のおそれがあります。去年の台風18号でも、台風の進路から遠い横浜で30.3m/s、仙台で28.3m/s、釧路で35.0m/sの暴風を観測。今回の台風24号は、それよりも勢力が強いため、暴風のエリアがさらに拡大してもおかしくありません。

 

 

去年の台風18号は、鹿児島県に上陸した時の中心気圧が975hPaで最大風速が30m/sでしたが、今回の台風24号はこれよりも強い勢力で近づく見込みです。台風の進路に関わらず、広域での被害が懸念されますので、早めに対策を行ってください。

スポンサーリンク

 

 

no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00005636-weather-soci

 

 

[防災事項]
<暴風・高波>
沖縄・奄美では、27日から、海はうねりを伴って大しけとなる見込みです。28日は台風が近づくため、沖縄地方では猛烈な風が吹き、海は猛烈なしけとなるでしょう。

28日までに予想される最大風速(最大瞬間風速)は
沖縄地方        35メートル(50メートル)

28日までに予想される波の高さ
沖縄地方        11メートル
奄美地方         7メートル
です。

その後、沖縄・奄美では29日は風がさらにに強まり、猛烈なしけが続く見込みです
暴風や、うねりを伴った高波に厳重に警戒してください。

 

<大雨・雷・突風>
台風の接近に伴って、28日から沖縄地方を中心に大気の状態が非常に不安定となり、雷を伴った非常に激しい雨が降る見込みです。台風がかなり接近する29日にかけて大雨となるでしょう。
土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

 

30日頃は西日本でも大荒れの天気となり、大しけや大雨となるおそれがあります。台風の進路によっては、その後、東日本や北日本でも影響を受けるおそれがあります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ