【衝撃】文京区本郷の子供3人と母親死亡事件(無理心中?)の真実がこちら

スポンサーリンク

 

 

26日午前6時10分頃、東京都文京区本郷のマンション2階の一室で、住人のビル清掃業の男性(46)から、「妻と子供が死んでいる」と119番がありました。警察官が駆け付けたところ、男性の妻と子ども3人が倒れており、4人とも搬送先の病院で死亡が確認。警視庁本富士署は、妻が無理心中を図った可能性があるとみて、調べています。

 

 

 本富士署の発表によると、死亡したのは、男性の会社員の妻(36)、小学4年生の長女(10)、長男(5)、生後8か月の次女。

 

hongou2-3

 

 男性が26日朝に仕事から帰宅したところ、クローゼットの中で妻が電気コードのようなものをかけて首をつっているのを発見。近くの布団に長男と次女が倒れており、別の部屋の布団に長女が倒れていたそうです。室内に外部から侵入された形跡はなかったとのこと。

 

 男性は同署に対し、妻が経済的な理由で将来を悲観していたと説明しているとのことです。現場に遺書がなかったことや、子どもたちに目立った外傷はないことから、母親の武藤容子さんが、複数の悩みを抱えていて心中を図った可能性が高まってきました。現在、同署が詳しい死因を調べています。

スポンサーリンク

 

育児の悩みと、金銭的な悩みで押しつぶされそうになっていたのでしょうか?一部情報では、武藤さんは育児ノイローゼになっていたとも言われています。

 

子を持つ親ならば、誰でも育児ノイローゼになってしまう可能性があると言われているだけに、決して他人事ではないですね。

 

その後の調べで、現場は都営地下鉄春日駅の東約300メートルの住宅街。家族は文京区本郷5丁目のアパートに住んでいたことが判明しています。捜査の進展とともに、新たな情報が判明するかもしれません。

 

映像を解析した結果、事件のあった建物の場所が特定されました。映像に映っていた、鳳鳴館という旅館の近くの建物だと判明。下の画像、右上の看板の場所が鳳鳴館です。

 

 

この場所の付近に、今回の現場があるようです。

 

武藤容子さんの物と見られるFacebookアカウントには、ご友人と交わしていたコメントが残されていました。

 

 

長女さんが5際の頃、長男さんがお腹にいて産まれてくる直前のやりとりだと思われます。幸せいっぱいで、とてもキラキラしていますね。6年後経ったいま、なぜこんな悲劇が起こってしまったのか…。残された男性の今後が心配です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ