【マジか】尼神インター誠子の双子の妹にとんでもない事実が判明wwww

スポンサーリンク

 

 

お笑いコンビ・尼神インターの誠子が先月30日、TBS系「サンデー・ジャポン」に生出演し、妹とのエピソードを暴露。注目を集めています。

 

まず、誠子さんには3歳年下の双子の美人妹がいることで知られています。

 

no title

 

「ギャルの美人の妹がいるんですけど」と妹2人に挟まれる3ショットをスタジオで公開し、スタジオからは驚きの声が。

 

番組では家庭内のルールという話題で誠子さんが

「基本的に妹が着なくなった服を私が着る“お上がり”なんです」

と妹の服をもらっているとエピソードを披露すると、MCの爆笑問題・太田光さんは妹の写真をまじまじと見つめ、

「お前かわいそうすぎるな!全然似てないじゃん」

と唖然。

 

他のコメンテーターから

「目元は似てる」

「化粧すればどうにかなるんじゃない?」

という声があがると、誠子さんは

「これ結構化粧してるんです」

と付け加え、笑いを誘いました。

 

しかし、妹さんについて調べてみると、過去に誠子さんがとあるインタビュー雑誌でこうな風に語っていました。

 

2歳下の妹たちとの違いに気づいたのは幼稚園のとき。以来、ずっと“ブス姉”と“美人妹”の格差に悩んできたという尼神インターの誠子。どうも自分とは違うって感じてたし、妹たちがうらやましかったですね。

「尼神インター・誠子 妹」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

普通は姉のお下がりを妹が着るものだが、双子だから新しい服をおそろいで買ってもらえる。その服は、姉のよりもずっと可愛らしかった。子どもとはいえ当然、おもしろくない。

 

成長するにつれて妹たちの逆襲が始まった。中学生になると、誠子は太り始め、ビジュアルが崩れだす一方で、妹たちはスリムなまま、可愛らしさに磨きがかかった。

 

やがて、妹たちは姉を無視するように。

「最初は外にいるときに“自分のお姉ちゃんと思われるのが恥ずかしい”という理由で、そのうち家でもまったく口をきいてもらえなくなって。その状態が5年間続いたんです」

話しかけても答えてもらえない。その時期、妹たちにつけられたあだ名はアメリカのファンタジー映画に出てくる怪物『シュレック』。

「2人で“シュレックがさぁ~”と話しているから、映画でもやるのかなと思ってたら、“今日、家にシュレックおるで”って、ひそひそ話してて、私のことかって……」

 

と、悲しい家庭内事情があってそうです。

 

しかし、現在はお笑い芸人として人気度、知名度も上がってきている誠子さん。そんな頑張っている誠子さんを見て妹さんたちもお姉ちゃん(誠子さん)への態度を改めてきているんだそうです。

 

一方、妹さんたちがこんなにかわいいなら、誠子さんもお化粧したらかわいいはず!!と思い色々調べてみたところ超絶綺麗なお写真がありました!!

 

「尼神インター・誠子 妹」の画像検索結果

 

いかがでしょうか?普段はほとんどすっぴんに近いですがばっちりお化粧をされると普段と印象がこんなにも違うんですね!びっくりしました。

 

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ