【芸能裏事情】大人気なのに実は裏方仕事を見下す最低芸能人がこちらwww

スポンサーリンク

 

 

華々しい芸能界で活躍する女優、アイドル、モデルたち。周りからチヤホヤされ、ついつい他の職業を下に見てしまうことが多々あるそうなんですね。

 

 

有名なのは女優の広瀬すずさんの発言。

2015年6月放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に出演した際、照明や音声スタッフについて

「どうして生まれてから大人になったときに、照明さんになろうと思ったんだろう?」

「何で自分の人生を、女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう?」

「大人になって年齢を重ねるとともに、本当に声を録るだけでいいの?」

などと、職を軽んじる発言をされていましたね。

「広瀬すず とんねるずのみなさんのおかげでした」の画像検索結果

広瀬さんの発言は今も定期的に話題になり、この失言によって好感度はかなり低迷。ちなみに、今年1月に広瀬の兄が酒気帯び運転で逮捕されましたが、このときの報道によると兄は無職でした。

「広瀬すず 兄」の画像検索結果

 

次に女優の石原さとみさん。

 

16年10月放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際、

「今も勉強しているんですけど、看護師さんの勉強をしていて、看護師になりたいんです」

とコメント。

 

これだけなら問題はなかったが、続けて

「もし干されたら看護師になる」

などと発言したため、女優より看護師を下と位置付けていると判断されてしまったんだとか。視聴者からは「看護師なめんな」「看護師を滑り止めみたいに言ってんじゃねえよ」とツッコミが続出しました。

「石原さとみ 看護師」の画像検索結果

 

 

モデルの滝沢カレンさんも失言が目立ちますね。

View this post on Instagram

みなさん、こんばんは😎💗☂️ 今日は朝から、不思議なロケをしてきました🤗💗💕 なんだか初の体験をしたり、ガサガサゴサゴサしたロケでわたしには新しいことが発見できた午前中から午後でした😍💋💕💕❗️ また皆様にはお知らせしますが、まだ待っていてください👋🏻 もう、夏だとは言わせないそんな強引な秋になる日を私は勘づきました🧠☝🏻❤️ なので私は今日、新たな壁を叩いてみました😊 デニムジャケットにしたので、赤茶朱赤の色のリップグロスを塗りました🧚🏼‍♂️🍂🌻🌕 品番先にいうと、ViseeさんのマットリップラッカーのRD482です💄 覚えてください☝🏻 マットなので、ずっと唇をいじっていたらよくないですが、ある程度唇から意識を外てくれたら、デニムジャケットで合わせたのですがめちゃくちゃ可愛くてわたしには秋の訪れを迎える唇にしてはいいのではないか、と思いました🌾🍁🍂 目のメイクを無しにして、リップグロスだけで彩る顔でも、よっぽどな限りは何も言われないと思いますし、肌も嬉しいと思います🤗🤩😍😍❣️ そんな夜空に沈む自分におやすみなさい👋🏻😴 #訪れる季節にはいつだって優しくありたい #去る季節にもまた来年もここでと思わせたい #いつだって人間がいるように #いつだって環境もあるのだから #人間が服を着替えるように #季節たちもお着替え中だ #秋メイク#Visee #lip

A post shared by 滝沢カレン/karen takizawa (@takizawakarenofficial) on

 

17年11月放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)で、滝沢が舞妓を支える職人たちに密着したとき。

 

帯職人を、独自の四字熟語で「裏方愉快」と表現。

 

その意味を

「裏方なのに愉快な人っていたんだっていうことで」

「いつまでもその愉快を忘れないでほしいし、でも裏方ってこともしっかりわきまえて、これからも頑張ってほしいな」

と説明。

「滝沢カレン 裏方愉快」の画像検索結果

 

これには「裏方って、わきまって、どういうこと?」「単純に失礼だ」などと批判の声が続出。もう少し自分の発言には気を付けてほしいものですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ