【マジか】逃走犯・樋田淳也の出所後がとんどもないwwww

スポンサーリンク

 

 

8月12日、大阪の警察署から逃走した樋田淳也容疑者(30)が、先月29日夜、山口県周南市で、食料品を万引きした疑いで逮捕され、府警が翌30日に、加重逃走の疑いで再逮捕されました。

 

多くのメディアに取り上げられ皆さんの記憶にも、まだ新しく残っていることかと思います。

 

 

 

盗んだバイクを保管していたとして樋田容疑者が最初に逮捕されたのは5月25日のこと。富田林署に勾留された彼はその後、強盗致傷、強制性交などの容疑で再逮捕され、同署に留め置かれていました。

 

そして8月12日、弁護士と面会室で接見した直後に間仕切りのアクリル板を破って逃走。

 

大阪府富田林署から勾留中の容疑者の男が逃走!樋田淳也と接見していた弁護士がやばすぎるww

 

すぐに樋田容疑者に似た男が自転車で北に向かう姿が防犯カメラに映っていることが分かり、また大阪府松原市にある彼の実家近くで黒い原付きバイクが盗まれ、同府の羽曳野市や大阪市でこのバイクを使ってのひったくり事件が発生しました。

 

さらに8月14日には兵庫県尼崎市の防犯カメラに樋田容疑者らしき男の姿が捉えられるなど、数々の「痕跡」が見つかったものの、府警が彼の居所を掴むことは出来ず。

スポンサーリンク

 

それもそのはずで、樋田容疑者が逃走後、府警は彼の土地鑑があるところばかりを重点的に捜索していました。具体的には松原市周辺の大阪中南部などで、知らないところには行かないだろうと高を括(くく)っていた節があります。

 

他府県の警察にも協力を呼びかけましたが、府警が警戒していたのはせいぜい大阪の隣県程度で、まさかそれより遠いところまで逃げているとは想定していなかったと言われています。

 

しかも、ネットカフェやサウナや空き家といった場所を中心に調べていたようなんですね。

 

樋田容疑者は捕まる3週間ほど前に、自転車で日本一周をしていた44歳の東浩司と四国で知り合い、以後は彼に付いていくようにして『逃走旅行』を続けていたと言われています。広島県の尾道と愛媛県の今治をつなぐ、しまなみ海道を自転車で渡っています。全くもって府警の想定外のルートでした。

 

ここまでくれば、全国に指名手配し、警察官3000人の態勢で行方を捜査していた府警は何だったのでしょうか?

 

さらに愛媛県庁は、逃走中の男だとは知らずに「日本一周用のプレートが欲しい」という樋田容疑者の依頼を受け、「日本一周中」という文字や県のイメージキャラクター「みきゃん」が印刷された紙をラミネート加工して渡したといいます。

no title

 

警察の間抜けっぷりも相当ですが、ここまで堂々たる逃走犯は前代未聞ですね。

 

とある記者によると、富田林逃走犯の樋田容疑者は出所後、

「ユーチューバーになるのが有力らしいですよ」

との“怪情報”を語っているそうです。

実は今、樋口容疑者にユーチューバーとしてデビューさせようと検討しているネット動画の制作会社があるそうなんですね。そこの人間いわく『本人に手紙を送って持ちかけたい』とのこと。本気で実現させる気かどうかは定かではありませんが、極悪と呼ばれた彼に社会復帰ができるのでしょうか?

スポンサーリンク
関連コンテンツ