Twitterで話題のドラゴンボールハラスメントとは【解説しました】

スポンサーリンク

 

 

現在、ドラゴンボールを読んだことのない20代のエディターが先輩にバカにされたと言う事で全巻読んだが面白くなかったという感想を記事にしたところ炎上。話題を呼んでいるみたいです。

 

 

もともとのいきさつを簡単に説明しますと、アシスタントエディターの栄藤八さんが『ドラゴンボール』を読んだことのないと言う事で先輩にバカにされたことをご本人が「ドラゴンボールハラスメント」と名づけたみたいなんですね。

 

 

先日、先輩方と話しているときに、ひょんなことからドラゴンボールの話題になりました。

私がドラゴンボールを読んだことがないということを知ると、先輩は「コンテンツ制作に携わる人間として、ドラゴンボールを読んだことがないなんてありえない!」と言ってきたのです。

まあ、わからなくもありません。漫画コンテンツの大ヒット作品であるドラゴンボールを読んで勉強することは、確かに重要なことでしょう。

しかし、20数年前に流行った漫画を読むことが現代のコンテンツ制作に果たしてどれほど役立つのでしょうか。いや、そもそもこれはドラゴンボールを読んでいない私に対する嫌がらせなのではないか。もしくは、子供の頃に読んで面白いと感じた自分を正当化するために、後に引けなくなっているのではないか。はたまた、「ドラゴンボールを読め」という一見深そうな課題を与えることで自身の尊厳を守ろうとしているのではないだろうか……。

スポンサーリンク

いずれにしても、ドラゴンボールを読んでいないことを背景に、精神的な苦痛を与えられている以上、これはドラゴンボールハラスメントと言わざるを得ません。ドラハラです。

こうなったら、全巻読んで反論のひとつでもしてやろう、そしてついでに世にはびこるドラハラを滅却してやろう。そんな訳で、決して先輩に言われたからではなく、自分の意思によってドラゴンボールを全巻読むことにしました。

引用:『ドラゴンボール』を読んだことのない僕が、先輩に反論するために全巻読了した結果

 

 

そして、全巻を呼んで当時ヒットした理由やゆとり世代の自分がハマらなかった理由を考えたみたいなのですが結果

ドラゴンボールを読了したときの率直な感想は、「やや面白くない」というものでした。

 

と感想を直結に記事にし、炎上してしまったみたいです。16日に入り、さまざまな意見が『Twitter』上に書き込まれるなどして話題に。一時『Twitter』のトレンドに「ドラゴンボール」がラインクインする事態になりました。

 

10~20代の方からは、同感という声も比較的多く見られたようですが、年配の人からは過去の名作を若い人に勧める際は気をつけようといった声も多く見られました。皆さんそれぞれ意見があるようみたいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ