渡米したピース綾部、現在の英語力がヤバすぎるwwwww【動画あり】

スポンサーリンク

 

お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さん(40)とモデルの森星さん(26)が、Netflixオリジナルシリーズ「ファイナル・テーブル」にスペシャルアンバサダーとして現在、出演していることが判明しました。

 

2017年10月にハリウッドスターになることを夢見て渡米したピースの綾部さん。かれこれ1年が経ちますね。

 

渡米直後に“大仕事”をものにしていた綾部さんは、

「まさか渡米をして1カ月でハリウッドで仕事ができるなんて、思ってもいなかったのですごく嬉しかったです」

「僕自身が何かネタとかをしたわけではないですが、アメリカのテレビに出ている以上、世界デビューしたことには変わりないので、最高でした」

と夢に見たニューヨーク生活について充実のコメントを寄せているそうです。

 

 

スペシャルアンバサダーとして出演された「ファイナル・テーブル」は、世界15カ国から集まった24人の料理人がペアを組み、食のエリート集団“ファイナル・テーブル”の最後の一席を目指し競い合うグローバルな料理バトルショー。

 

毎回、バトルのテーマとなる国の著名人や美食家らが審査員を務めることから、綾部さんと森さんは料理評論家・片山晶子さんとともに懐石料理の対決に参加しています。

 

綾部祐二 世界 ファイナル・テーブル Netflix

 

 

拠点を移して以降、これといった活躍がなかった綾部さんですが、渡米後約1カ月で世界190カ国に配信されるバラエティ番組へ出演していたことには、驚きですね。

スポンサーリンク

 

撮影は英語で行われただけに、

「とりあえず英語が1人だけしゃべれず、ノリだけでやっています」

「ノリだけで同じことを何回も言う、『かぶせ』はごっそりカットされていたので、やはりノリだけでは乗りきれないところは日本のバラエティーと一緒でした。反省しています」

とコメントしていました。

 

インスタグラムに近況をアップしている綾部さんですが、徐々に仕事もコンスタントにこなしているようで、アメリカ各地で統合型リゾートを経営しているシーザーズ・エンターテインメントのPR動画にも出演したり、今年2月にはハワイ州ホノルルで開催されたサッカー大会『Pacific Rim Cup 2018 Powered by Under Armour』のチャリティーアンバサダーにも就任し広報活動を行ったりと活動の場を広げているようです。

 

 

「レッドカーペットを歩きたいから役者になる」

「とにかく強いスポットライトをいつも浴び続けたい」

というポジティブでミーハーな綾部さん。

友人や知り合いの紹介で仕事の依頼を受けることが多いということですから、これからも持ち前の明るさを武器にアメリカで頑張ってほしいですね!

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ