2018ドラフトの目玉・吉田輝星がまさかの一位指名候補からハズレるなんて!!衝撃告白!?

スポンサーリンク

 

 

プロ野球新人選手選択(ドラフト)会議が本日10月25日、都内で開催されています。 高校日本代表の吉田輝星(金足農)、藤原恭大、根尾昂(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)ら高校BIG4の行方はいかに。 野球界の未来を担うプレーヤーの“運命の時”が刻一刻と近付いています。

 

夏の甲子園100回記念大は今日でベスト16校が出揃いましたね。その中で見事、準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手(3年)は甲子園大会直後に、好きな球団に巨人を挙げ「行きたい」と公言しましたが、巨人は大阪桐蔭高・根尾選手の指名を公表。地元・東北の楽天も1位指名候補を野手に絞りました。

 

これだけの注目選手としては異例なほど明確な方向性が定まらないまま、ドラフト当日を迎えることになりましたね。

 

 

吉田投手と言えばこれまであまり注目を浴びていませんでしたが、甲子園での活躍で一気に注目を浴びています。今年の高校生投手No.1という評価まで出ているほどです。

 

吉田投手は金足農業高校進学後は、1年生夏からベンチ入り、秋からは新チームのエースとしてチームをけん引しました。

2年生夏には144km/h右腕として期待されましたが、県大会決勝で敗退。

3年生春には全試合登板し、同校の19年振り2度目の優勝へ導いています。

スポンサーリンク

そして、夏の選手権地区予選の決勝戦では4安打完封、という素晴らしい成績で、自身初の甲子園の切符を手に!

さらに初出場の甲子園では、1回戦で14奪三振、2回戦で13奪三振、3回戦で14奪三振、4回戦で10奪三振を記録し、注目選手となっています。

 

現在、SNS上では2018ドラフトの目玉として、今後の行方予想が多数つぶやかれています。

 

一方で、TBSでは25日「プロ野球ドラフト会議2018」(後4時50分)の模様を生中継しますね。そして同日7時からは、MCに中居正広さん(46)を迎え「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」を放送。

 

番組では今夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会で準優勝に輝き、そのプレーで一躍注目の的となった金足農業の吉田輝星投手がプロ入りを表明するまでの葛藤を独占告白。

 

プロ入りに反対だった父にその強い思いを訴えた息子、そんな困惑する父と子を見守りながら、母が取った行動と息子へのアドバイス。

 

甲子園での大フィーバーから激変した本人を取り巻く環境、家族の戸惑いなどプロ入り決断に至るまでを再現ドラマを交えて放送します。

 

この他にもプロを目指し壮絶な苦難を乗り越えてきたドラフト候補選手たちと、その息子を支え続けた家族との涙無しでは語れない感動秘話を含んだ3時間にわたる生放送となっています。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ