【超悲報】芦田愛菜、現在が…両親の知られざる秘密について干された理由が判明

スポンサーリンク

 

 

3歳で芸能界に入りし、5歳で出演した2010年の大ヒットドラマ『Mother』が出世作となり、天才子役と呼ばれた芦田愛菜さん(14)。今年の4月には都内にある最難関の名門女子中学校に合格し、おめでたいニュースでもちきりになりました。

 

実は、そんな彼女の現在が超悲報とネットで囁かれているんですね。難関校に合格し念願だった制服に包まれて幸せな生活をしているはずの愛菜さんに何があったのでしょうか?

 

やっぱりいつの時代も天才子役の両親とは、何をされている方なのか気になりますよね。それが、あの愛菜さんの両親ときたらどうなのでしょうか。

 

芦田愛菜さんの父親は、どうやら三井住友銀行の社員で支店長とのことで、大叔父はなんと、商船三井社長の芦田昭充さんらしいです。

 

やはり、この父親にしてこの娘ありという感じで、エリート街道まっしぐらの方らしいのです。ちなみに、三井住友銀行で働く父親の気になる年収は、1000万近いのではないかと思われます。

 

そして、愛菜さんの母親は、専業主婦とのこと。32歳の時に彼女を産んでいるそうです。上品な雰囲気を持った母親とのことで、愛菜さんの両親とも一流の大学を卒業しているようで、厳格な雰囲気のようです。

スポンサーリンク

 

彼女の礼儀正しさは、こうした母親のしつけあってなのかもしれませんね。

 

愛菜さんはネットで、”超悲報”というワードで検索されていることについて、調べてみると、現在ではなく、過去の出来事だという事がわかりました。

 

芦田愛菜さんは都内の小学校に通っていましたが、当然目立ちます。そのことから結果、小学生のときには、彼女のものを壊されたり、筆箱を盗まれることもあり、その他いじめにあうなど、売れっ子ならではの超悲報「超苦労」をしていたそうです。

 

さらに愛菜さんの両親にも、このようなことが起きていて、他の子の親たちからは仲間外れにされたり、陰で悪口などを言われていたそうです。

 

これも、超売れっ子であり両親ともエリートで、非の打ち所がない彼女への嫉妬からくるものでしょうね。

 

こうしたことから”超悲報”ということは、現在彼女にないものの一説によると、高額なギャラでオファーしづらく敬遠されているとのこと。

 

さらに中学受験を優先にしたため、露出が極端に減ったことにより干されたとも言われ”超悲報”と、囁かれたのではないかと言われています。

 

しかし、中学生になって、大人っぽくなってきた芦田愛菜さん。

 

そんな、彼女の現在の姿がこちら↓

幼い頃から天才子役と言われましたが、育ちの良い環境ということもあり、しっかりと学業を学ぶことが大事と両親のこういった思いが、また彼女を成長させてくれることでしょう。

 

今後は勉学に励みつつ、芸能活動も続けていくことが予想されますね!!活躍に期待です。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ