渋谷ハロウィンの軽トラ横転事件で衝撃の事実判明wwww【動画あり】

スポンサーリンク

 

 

例年、ハロウィン時期となると仮装した若者でお祭り騒ぎとなる渋谷。特にこの時期は各地でゴミが溢れないように注意を呼びかけていましたね。本来は仮装して楽しむイベント。27日、28日は土曜日、日曜日ということもあり若者が早速集結しハロウィンを口実に酒を飲み大暴れ。今年も逮捕者が出るほどとんでもない事件が起きたと騒がれています。 

 

渋谷のセンター街(バスケットボール通り)のマクドナルドセンター街店前を通行しようしていた軽トラック車両を若者が取り囲み横転させるという事件が起きました。

 

「渋谷のセンター街(バスケットボール通り)」の画像検索結果

 

当初は駐車してある軽トラック車両を横転させたものと思われたが、実は走行中の軽トラックを若者が取り囲み荷台や屋根に乗り暴れ走行できない状態に。その後横転、運転手は横転する前にトラックから脱出し、大けがには至らなかったとのことです。

 

しかし、若者と言っても幼稚園、小学生とは違います。きちんとルールやマナーは知っているはずです。羽目を外し過ぎていますよね。

 

 

そのときの動画がTwitterに投稿され話題に。

 

現在、運転手は被害届けを出し、また警察は器物損壊で捜査を行っているとのことです。

 

またこのトラック運転手を「私の父親です」という人物もTwitterに現れておりそちらも話題になっています。

 

年々イベントが大きくなっていくにつれ、お祭り騒ぎと犯罪のラインはしっかりしないと、『エスカレートした』じゃすまない事になり兼ねません。酔っぱらいの悪ふざけと捉えるのではなく、トラックをひっくり返したのは100%犯罪行為です。

スポンサーリンク

 

防犯カメラに顔が映っていたりとか、あの車をひっくり返すのに、手を触れてた人は全員逮捕されても何の文句も言えませんし、適切な措置として逮捕すべきですね。

 

ハロウィンは元来、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な行事から来ています。アメリカなどでは、子どもが魔女やお化けに仮装して近所を回り、お菓子をもらう風習にもなっていますね。しかし、大人が仮装することもあるが、子どもが楽しむためのものという認識が強いものです。

 

一方、日本では数年前からコスプレパーティーとしての市民権を得るようになった。ハロウィン本番である10月31日前後には、渋谷などの繁華街にコスプレをした人々が押し寄せ、毎年暴動や痴漢などが起こることが恒例となりつつあります。

 

長谷部健渋谷区長は、週末の騒ぎに

「努力や思いを踏みにじる一連の行為は、到底許せるものではありません」

と怒りをあらわにしています。暴力性が物ではなく人に向けられる可能性は十分考えられますもんね。区長には毅然とした対応を期待したいものです。

 

 

ハロウィン騒動で券売機を壊された渋谷のラーメン店【真武咲弥】寛大過ぎる!!店の評判がど豪いことにwww

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ