【伊賀鉄道】列車と自動車衝突!!復旧作業が進まない理由がやばいwww

スポンサーリンク

 

 

今日31日朝、三重県伊賀市を走る伊賀鉄道の線路に車が転落して電車と衝突し、車を運転していた63歳の女性が、軽いケガをしました。この事故により、伊賀鉄道は、全線で運転を見合わせています。

 

 

午前7時50分頃、伊賀市上野桑町の伊賀鉄道の線路に、乗用車が転落し、伊賀神戸発上野市行きの電車と衝突しました。

 

伊賀署によりますと、車は跨線橋のレンガ塀(高さ約1メートル)を突き破って落差約7メートルの線路に落下し、ドライバーの女性が車外に避難した数分後に電車と衝突。同鉄道の男性運転士は車に気付いて急ブレーキをかけたが、間に合わなかったそうです。

 

現場は同鉄道の桑町駅から北に約350メートル。女性は頭などを打つ軽傷で、警察は、女性がアクセルとブレーキを踏み間違えたとみて、事故の原因を調べています。

 

電車には当時、通学中の高校生らおよそ200人が乗っていて、うち女子高校生1人が気分が悪いと訴えたということです。事故発生後、乗客の高校生や会社員らは線路を歩いて約300メートル先の茅町駅に向かったとのことです。

 

 

現在、伊賀鉄道伊賀線の桑町~茅町駅間で電車と線路に落下した乗用車が接触により停電し運転見合わせになり代行バスが出ているとのことです。

※代行バスについて
上野市~伊賀神戸間  代行バスによる振替輸送
上野市~伊賀上野間  路線バスによる振替輸送

 

事故にあわれた方が大事に至らなくて何よりです。伊賀鉄道は事故写真で見る限り単線なので、上下線で止まってしまいますよね。復旧にも時間がかかりそうです。

 

スポンサーリンク

 

事故にあった場所を詳しく見てみると道路から現場までの高さが50mの差があり、右手の駐車場に入るのは幅的に厳しいですね。近くに橋があるとのことですが橋を通って左手に回れるか厳しいところです。また右手は緊急搬送の時に使うとのことですので復旧作業に使えるかどうか。

車を引き上げるのも大変ですね。クレーン車のポジション・セッティングに時間がかかりそうです。

 

一方で、報道ニュースなどに映る伊賀鉄道の電車のデザインについても注目を集めていますね。

 

実は「忍者列車」として人気の車両なんだとか。事故もそうですが、あの正面の顔がかなりのインパクトでしたよね。

伊賀忍者の里・伊賀上野を走る「伊賀鉄道」

 

あの「忍者列車」はピンクと青と緑の3色があるみたいです。

 

そしてやっぱり眼力にやられる

目が・・・め、メーテル・・・?

 

 

この「忍者列車」のデザインをしたのが、あの「銀河鉄道999」の松本零士さんなんだとか。

「銀河鉄道999」の画像検索結果

 

確かにデザインが似ていますもんね。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ