「変態仮装行列」 今年の流行語大賞候補にノミネートやわwwww

スポンサーリンク

 

 

1日に放送されたTBS系「ビビット」で、ハロウィン当日に多くの人が詰めかけた渋谷の様子を放送。渋谷センター商店街振興組合の小野寿幸理事長のインタビューも放送しましたが、その際に小野理事長がハロウィンにやってくる人を「変態仮装行列」と厳しく断じ、一時トレンドワード1位と沸騰するほどでした。

 

 

番組では、多くの人が詰めかけた渋谷のハロウィンの様子を放送。

garbage-shibuya-halloween8

 

先週末の10月27日夜には、軽トラが集団にひっくり返されるなど一部が暴走。痴漢や盗撮などで逮捕者も出る事態となりました。

 

 

ハロウィン本番となった10月31日も、火災が起こるなど、騒動は拡大。近くのコンビニなどでは、瓶入りの酒の販売を中止(酔った人が瓶を割らないため)。近くの店では早めに閉店したり、水をまいて(わざと足元を悪くして人が寄り付かないように)対策するところもあった。

 

それでも、夜から翌朝にかけては、渋谷で7人の逮捕者をはじめ、小競り合い、標識に登って騒ぐ人、酒を飲みすぎて倒れる者続出、ゴミ散乱、朝まで大騒ぎと、やりたい放題状態となりました。

 

「ハロウィン 2018 渋谷」の画像検索結果

スポンサーリンク

迷惑行為も横行し、ゴミが散乱、商店街も売り上げが激減するなどしていることから、小野理事長は

「ハロウィンに関しては(売り上げ増は)ないですよ。3分の1のダウンですから」

と、人が多く集まっても売り上げには結びつかないと説明。

 

そして怒りをにじませ「言っちゃいけないとは思う」と前置きしつつも

「私たちはハロウィンではなく、変態仮装行列でもう困っている。もっとマナーを守った楽しみ方があるはず」

と、過激な言葉で、ハロウィンで大暴れする人達を非難しました。

 

 

この「変態仮装行列」というインパクト大の言葉にネットも賛同の声が。

 

「ごもっとも」

「パワーワード生み出す」

「渋谷変態仮装行列というのは傑作」

「まさしくその通り」

「これから積極的に使っていきたい」

などの声が殺到。一時はトレンドワードの1位に「変態仮装行列」が浮上するほどでした。

 

 

一方で、俳優の斎藤工さんが1日、東京・六本木周辺で求人検索エンジン『Indeed』で集まった80人の「たくみひろい」隊と共に、ハロウィン翌日の散乱したゴミを拾い集めるなど清掃活動を実施していました。

せっかく風物詩となりつつあるハロウィン。はたして、来年はどうなることやらですね。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ