時速280キロ暴走 書類送検へ。実際の映像が投稿されていたwwww【動画あり】

スポンサーリンク

 

 

大阪府・東大阪市内の自動車専用道路・第二阪奈有料道路のトンネル内にて、30代男性が自身の所有する日産「GT-R」にて、法定速度60kmのところを280km/h以上にて走行したとして、書類送検されました。

 

これにより、全国の中でも過去最高速度となるスピード違反の記録が更新されています。

 

国内最高速のスピード違反車といえば、今年3月に東京都国立市の中央自動車道にて、アメリカンマッスルモデルのダッジ「チャレンジャー」を運転していた男性が、法定速度100km/hのところを、135km/hも超過する235km/hにて走行し逮捕されたという話もありましたが、今回はこの速度違反を圧倒的に上回る結果となりました。

 

事故はなかったものの、時速280キロは、東海道新幹線の最高速度(同285キロ)とほぼ同じです。スピード違反を巡っては、警視庁が3月、東京都国立市の中央自動車道でスポーツカーを時速235キロで走らせたとして、都内の会社員の男を同容疑で逮捕。千葉県警も同月、東京湾アクアラインで時速239キロで大型バイクを運転したとして、県内の会社員の男を書類送検されています。

 

一方で、この事件が発覚したのは、スピード違反を行った人物が自身でその記録を動画としてアップし、実際に第二阪奈のトンネル内にて時速300km/hに到達するシーンを公開したことが書類送検のきっかけになったとのこと。府警が走行中の画像を解析するなどして速度を割り出したそうです。

スポンサーリンク

 

その映像がこちら↓

これを見て、個人的な感想ですが「280キロ出してもカメラが固定されてないとGTRのスタビリティがまるで伝わってこない」と言うのが私の意見でした。

何より、はたから見てしまえば、なぜ警察に捕まるようなわかりやすい行動をとったの?と思ってしまいますが、撮影した本人からすれば

「この車の本当の凄さを知ってほしい」

「日本でも300km/hで走れる」

といったアピールをしたかったのかもしれませんね。しかし、一般人からすると極めて良さが分かりません。そもそも自動車専用道路にて車を停めて降りるといったことも極めて危険な行為ではありますね。

 

少しでもスピードの出し過ぎは極めて危険です。日ごろから気を付けないとですね

スポンサーリンク
関連コンテンツ