【ファイナルファンタジー】田畑端 スクエニ退社したホントの理由がこちら↓【画像有り】

スポンサーリンク

 

スクウェア・エニックスは本日11月8日、「FINAL FANTASY XV 特別番組 -Special Program」にて、現在制作中の『ファイナルファンタジーXV』向けの「未来への夜明け」と名付けられたDLC4本のうち3本を開発中止すると発表しました。

 

これにより「アーデン編」のみ2019年3月にリリース予定であるとし、「アラネア編」と「ルナフレーナ編」、「ノクティス編」は日の目を見ずに終わることとなります。

 

 

また同作のグローバルブランドディレクターである大藤昭夫さんは、会社が重要な方針の変更をおこない、プロジェクトに見直しをかけることを決定したと説明。

 

現在同作に携わっているのは、第2ビジネス・ディビジョンに所属していたスタッフが設立したLuminous Productionsのメンバーであるとし、Luminous Productionsの設立意図はまったく新しいAAAタイトルを作り上げることで、新作をいち早くユーザーのもとに届けるためにリソースを集中させることを決定したとのこと。

 

その結果、『ファイナルファンタジーXV』向けDLC3本の開発が中止になったようです。

 

 

あわせて、『ファイナルファンタジーXV』のディレクターであり、Luminous Productionsにて指揮をとっていた田畑端さんが10月31日をもって、スクウェア・エニックスおよびLuminous Productionsを退社したことも明かされ話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

 

 

田畑さんの手紙によると、

「どうしても実現させたい仕事があり、その実現にむけて、自ら事業を立ち上げる」

と示されていたとか。

 

しかし、ネット上では

「なんで田畑端?」

「タバティス、クビやん」

「スクエニ退社しなきゃいけないのは本当に田畑端さんなの?他にいるんじゃないの?」

「マジで!出来ない事を発表するから信用失うんやで。」

だったりの声もありました。実際のところ退職理由って何なんでしょうか?

 

 

一方で今後の物語についての情報について、昨日スクウェア・エニックスは、2019(平成31)年3月期 第2四半期 決算短信にて、

「当社完全子会社である株式会社 Luminous Productions について、事業方針の抜本的見直しを行い、同社の強みを活かせる大規模高品質ゲームの開発への集中を進めることとしました。これにより、同社で開発中であったゲームタイトルに係るコンテンツ制作勘定の処分、無形資産の減損損失等 3,733 百万円(37億3300万円)を、特別損失として計上いたしました。」

と発表していました。

 

今回の発表と、まさしく一致する告知であるといえますね。スクウェア・エニックスは長きにわたり『ファイナルファンタジーXV』のサポートを続けていたが、いよいよその物語は終わりを迎えることになりそうです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ