【イッテQ!】番組関係者からのリークで打ち切り目前ww疑惑を日テレが否定するも文春が論破www

スポンサーリンク

 

 

日本テレビ系の人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で5月に放送された、ラオス・ビエンチャンでの「橋祭り」に参加する企画について、11月8日発売のとある週刊誌が「祭りはデッチ上げ」だったと報道した問題について、日本テレビは今日8日、報道各社にファクスで経緯を説明しました。

 

問題となっているのは、宮川大輔さんが”お祭り男”として世界の祭りに参加する番組の名物企画、「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の2018年5月20日放送回。

 

放送内容の詳細はこちらの記事から読めます↓

【イッテQ!】ついにヤラセ内容が流出wwww祭りを“ねつ造”日テレ謝罪、その内容がこちら【動画あり】

 

日本テレビが発表した見解によれば、

「(企画は)現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」

スポンサーリンク

とのことでした。

 

 

かし、「イッテQ!」のエンドロールに、「海外コーディネーション」としてクレジットされているM社の社長は、ラオス「橋祭り」を自ら企画したことを認めています。また、タイ人スタッフから、セットの設営はM社からの依頼によるものだとの証言を得ています。

 

さらに、「賞金」についても、M社社長は参加者の少年たちへの「協力費」名目で金銭の支払いを認めており、少年たちからは「賞金」や自転車などを受け取ったとの証言を得ています。

 

したがって、番組で放送されたラオス「橋祭り」が、これまでラオス・ビエンチャンの同地で開催されたことはなく、「イッテQ!」放送のために、番組サイドが企画、セットの設置にかかわって作られたものであることは、11月8日発売号の記事で報じた通りと考えています。

 

放送された「祭り」のセット↓

no title

また、ラオス政府関係者も8日、バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で、「橋祭り」と紹介されたイベントについて、

「ラオスの祭りでも文化でもない」

と強く否定したうえで、

「本当の祭りを取り上げる企画だと事前に知っていたら、撮影許可は出さなかった」

とコメント。そのうえで、政府内で現在、対応を協議していることを明らかにしています。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ