【芸能界の闇】DA PUMPが干されたのは、あの芸能事務所が原因だったのかwww

スポンサーリンク

 

 

11月2日放送『ミュージックステーション』にDA PUMPが21年ぶりに出演しましたね。今年大ヒットした「U.S.A.」と、彼らの代表曲である「if…」を『ミュージックステーション』で“初めて”披露しました。

 

 

これが歴史的な邂逅であるとしてインターネット上で大きな話題となった。というのも、DA PUMPは“ジャニーズ事務所の圧力によって『ミュージックステーション』から干されていたボーイズグループ”の代表格だと言われているそうです。

 

 

DA PUMPがデビューしたのは1997年のこと。

「DA PUMP デビュー」の画像検索結果

安室奈美恵さんやSPEEDやMAX など沖縄アクターズスクール系アーティストのブームもあって瞬く間にブレイクしました。

 

1997年10月にリリースされた2ndシングル「Love Is The Final Liberty」で早くもオリコントップ10入り。

スポンサーリンク

 

しかし、1997年11月14日放送回でDA PUMPはKinki Kidsと共演する予定だったのだが、放送当日にKinki Kidsの姿はなありませんでした。これは、DA PUMPの勢いに脅威を感じたジャニーズ事務所による“恫喝”のボイコットであると言われているそうです。

 

これ以降、DA PUMPは『ミュージックステーション』に出演していません。よって、2000年リリースの「if…」が今回の出演で『ミュージックステーション』初披露となり、ファンも感極まったのでしょう。

 

 

同じように、『ミュージックステーション』への出演がなく圧力を受けているとされてきたアーティストには、w-inds.、Lead、元Folderの三浦大知さんといったライジングプロダクション所属タレントの名前がよくあがります。

 

他にも、超特急、BOYS AND MEN、Da-iCE、DISH//といったボーイズグループは、人気的には出られてもおかしくないが、いまなお『ミュージックステーション』に出演していない(w-inds.に関しては橘慶太がソロで出演したことはある)。

 

DA PUMPの件から時が経ち、ジャニーズ系とは若干畑違いのLDH所属グループであったり、東方神起やBIGBANGなどK-POPのボーイズグループが『ミュージックステーション』には出演してきました。

 

しかし、今になりテレビが主だった配信状況もかなり変わってきていますもんね。圧力だけではどうにもならない時代が来たのかもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ