大倉忠義をストーカーしていた42歳女の顔画像がツイッターで流出!?20年以上前から続く被害に手口がヤバイ!【証拠映像・画像あり】

スポンサーリンク

 

ジャニーズ事務所の人気アイドル・グループ・関ジャニ∞のメンバー大倉忠義さん(33)が、一部ファンの過剰なつきまとい行為に対して苦言を呈したことが大きな話題になっていますね。

 

大倉さんがストーカー被害を告白されたのは11月8日、会員制携帯サイト“Johnnys Web”のブログ(レンジャー日記)を更新し、一部のマナーの悪いファンから空港や飲食店で執拗なつきまとい行為を受けるストーカーの被害を訴えました。

 

その内容がこちら↓

「今回は賛否あるであろう事をわかった上で書かせていただきます」

「ルールを守らない人たちによる身勝手な行動が精神的に辛い」

「収録時に執ように追いかけてきたり、自分たちにぴったりくっつくことを目的に周りが見えなくなり、一般人に体当たりするだけでなく、カバンの中に物を入れられたり、突然手をつながれたりする“ルール違反”をするファンがいる」

「友人と食事をしている際に駅や空港にいつもいるファンが横のテーブルにいることも」

「無視することが最大の抵抗だと思っていました」

「寿命が縮まっているのではないかと感じる」

「普通の人でいる方がよっぽど楽。そろそろ限界だ」

 

自分の立場を“みなし公人”であると位置付け、ある程度の我慢や理解をしてきたことを仄めかしながらも、やはり耐えきれなかったということでしょう。

 

そして、長年にわたって大倉忠義さんをストーカー行為で悩ませてきたこの最悪のマナーのファンが、過去の関ジャニ∞の出演するバラエティー番組内で半ば冗談気味に紹介されたことがあります。

その際の番組映像がこちら↓

スポンサーリンク

https://twitter.com/chocotan1121/status/1060490423381065728

冗談混じりの暴露トークとは言え、丸山隆平さんはこうしたファンの執拗なつきまといやストーカー行為を紹介する前にしっかりと「本来はルール違反ですから」と念押しているのも印象的ですね。

 

また、今から20年前の1998年のジャニーズ事務所の名鑑に掲載された大倉忠義のプロフィールページにも「嫌いなもの」

「家についてくるファン」

「しつこい女の子」

と記載されていました。おそらくこのころからストーカー行為は始まっていたのでしょう。

 

もちろん20年前に大倉忠義の自宅にまで付いていったストーカーのファンと、今回の空港などでのつきまといのファンが同一人物である可能性は低いですが、いかに大倉忠義が長年にわたって苦しめられてきたのが伝わりますね。

 

またSNS上では、この付きまといファンが特定され画像まで乗せられたいます。犯人かどうかはまだ特定されていません。

 

早く解決して、大倉さんには今までと同じように関ジャニで活動を続けて欲しいですね。

黒木メイサがストーカー被害をTwitter告白!直後に削除した理由がこちら

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ