【日大アメフト問題】内田前監督の解雇無効!?解雇を無効にして退職金払って依願退職扱いか?

スポンサーリンク

 

 

悪質な反則を指示したとして懲戒解雇された日本大アメリカンフットボール部の内田正人前監督(63)が、解雇は不当で無効だとして地位確認などを求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、東京地裁(春名茂裁判長)で開かれました。

 

日本大学アメリカンフットボール部の内田正人前監督は、ことし5月に行われた関西学院大学との定期戦で、日大の選手が悪質な反則行為をしたことの責任を取って監督を辞任しました。

 

アメフト反則タックル問題について日大の内田前監督らの会見映像がこちら↓

 

しかしその後、内田前監督は会見を開き、反則行為を指示したことは否定しましたが、翌月、日大の第三者委員会に「反則行為は前監督らの指示で行われた」と認定され、大学から懲戒解雇の処分を受けました。

 

関係者によりますと、内田前監督は、これを不服として解雇の無効を求める訴えを起こしたということで、15日、東京地方裁判所で1回目の裁判が開かれることになりました。

スポンサーリンク

 

この問題で第三者委員会は、現場にいたほかの部員の証言などを有力な根拠として前監督らの指示で反則行為が行われたと認定しましたが、捜査関係者によりますと、この部員は警視庁の調べに対し

「タックルした選手を守るために実際に聞いていない証言をした」

という趣旨の話をしているということです。

 

これに対し日大側は争う姿勢を示しています。

 

 

日大アメフット部の宮川泰介選手(20)は今年5月、関西学院大との定期戦で相手選手に危険なタックルをして負傷させました。

 

宮川選手は記者会見で内田前監督らから反則行為の指示を受けたと説明。

 

その後に内田前監督も会見を開いて指示を否定したが、日大の第三者委員会は7月、内田前監督と井上奨(つとむ)前コーチ(29)の指示で反則をしたと認める最終報告書をまとめ、日大は2人を懲戒解雇としました。

 

一方、傷害罪で刑事告訴された2人について、警視庁は相手を負傷させる危険なタックルを指示した事実は認められないと判断しており、いずれも立件されない見通し。

 

日大企画広報部は「コメントは控える」としています。

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ