巨人の代走スペシャリスト鈴木尚広の裏の顔が流出www妻へのDV内容が終わってる

スポンサーリンク

 

 

原辰徳監督による巨人軍の新体制で、外野守備走塁コーチに就任した鈴木尚広さん(40)。現役時代に「代走のスペシャリスト」として知られた存在ですね。引退から2年、いきなり1軍コーチに起用される大抜擢だが、私生活では泥沼の離婚裁判が展開されているとの情報が。

 

1996年ドラフト4位で福島・相馬高校から巨人に入団した鈴木さん。プロ入り後は怪我に泣かされ、なかなか芽が出なかったそうです。しかし2008年、ゴールデングラブ賞を受賞してブレイク。

 

近年は勝負所での代走に起用される「走塁の神様」として活躍、昨季は代走専門の選手としては異例のオールスター出場を果たしました。

 

「鈴木尚広 」の画像検索結果

 

そんな鈴木さんは飲み会で知り合った妻(38)と4年の交際を経て、2003年のクリスマスイブに入籍。翌年には長男が誕生。鈴木さんは2010年にプロ野球部門の「ベストファーザー賞」を受賞するほどの子煩悩として知られていましたね。

スポンサーリンク

 

一方で、長年にわたる鈴木夫妻の知人は

「結婚当初から、鈴木さんは自宅にほとんど寄り付かなかった」

と嘆息。

「たまに朝帰りしても奥さんを無視したり、“このクズ”と罵ることもあったそうです」

やがて妻の胸ぐらをつかむなどの暴力も振るうようになり、妻は離婚を決意。

離婚協議は13年に始まったそうですが、その年末に鈴木と妻は口論になり、ヒートアップした彼は扇風機を蹴り飛ばし、奥さんの顎を摑んで振り回した上に唾を吐きかけたという情報もあります。

 

耐えられず妻は警察に通報、その後は別居に至ったそうです。こうした暴力は息子の目の前でも行われたというから驚きですね。

 

離婚裁判について妻に聞くと、

「私からお話しすることはありません」

とコメント。

鈴木さん本人は

「球団に確認して下さい」

との対応だったそうです。

 

一昨年の引退セレモニーに、妻子を招待すらしなかった鈴木さん。

 

 

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ