【大炎上】高校前迷惑演説の桂秀光氏、過去にも大敗しててwww【経歴まとめ】

スポンサーリンク

 

本日19日に放送された、日本テレビ「スッキリ」では18日に投開票された神奈川・茅ケ崎市長選で“迷惑演説”を行ったとして炎上している桂秀光さん(62)への直撃インタビューの模様を報じました。

 

放送された内容は、桂さんが選挙期間中に授業中の高校の正門前で選挙演説を行った様子が取り上げられていました。

実際の選挙演説がこちら↓

 

近隣住民だけでなく、学校関係者から「授業中なので迷惑だ」と制止を求められると

「敷地内に入っていない」

「選挙妨害で訴える」

などと逆ギレした様子がネットで拡散。

選挙管理委員会には約60件の苦情が寄せられたそうです。

 

 

阿部祐二リポーター(60)の直撃を受けた桂さんは

「18歳以上に選挙権がある。日本のマスメディアは有権者に情報を伝えていない。高校生の有権者に選挙にいきましょうということを伝えたかった」

と学校前での演説の意図を説明。

津波による危険性もあるという桂さんは授業中の演説が非難されたことには

「それは分かります。ただ一つ申し上げるのは『命』の問題だと思っているんですよ」

「反発するひともいる。とんでもないという人もいる。しかしながら誰が警告するんですか」

「自分たちが置かれた状況を伝えなければならない」

スポンサーリンク

と持論を展開しました。

 

阿部リポーターから「あなたは自分のことしか考えていない」と指摘されると、口調が強くなり

「あなたこそ自分のことしか考えていない。面白い番組を作ろうとやっている!ここは編集しないでくださいよ」

とカメラにアピールする様子が放送されました。

 

実際の映像がこちら↓

 

約40分の取材中には桂さんの妻が出てきて夫を抑えようとする様子も映し出されていて、何とも言えない奥さんの気持ちがにじみ出ていましたね。

 

 

そんな桂さんは開票の結果、大差で4度目の落選。スタジオで感想を求められた阿部リポーターは、桂さんについて

「人の迷惑を全くかえりみてないなと感じました。そういった方が、市長の役職、中心になる先頭に立つ、そういう権利の全くない方だなという印象を受けました」

と淡々と語りました。まさにその通りですよね。国民の感想を代弁してくれています!

 

もちろん過去3回の選挙でも大差を付けられ落選しています。

 

選挙演説についてのマナーも最近では、あまり良いとされていないのは事実であり、ここらへんの改善も今後必要になってくる事かもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ