ハピタスとはどのような仕組みなの?マイルも貯めれるって本当?

スポンサーリンク

 

 

優良ポイントサイトとして知られるハピタスは、現在も多くの利用者がお小遣いを稼いでいます。

 

ポイントサイトに不慣れな方や現金での買い物をすることが多い方は、現金換金をしている傾向がありますが、ハピタス上級者になるとマイルに変える方も多いのです。

 

そもそも、マイルって何なのでしょうか?

 

ここでは、マイルについての簡単な説明とともにハピタスの賢い使い方も考察していきます。

 

ハピタスも換金できるマイルって?

「はてな」の画像検索結果

マイルという言葉は、聞いたことはあってもよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

特に、日常的に飛行機に乗る機会がない方からすると、マイルは生活には密着していない存在です。

 

というのも、マイルとは主に航空会社で使うことができるポイントのようなもので、航空機のチケットを買ったりクレジットカードで決済したりすることで貯まる仕組みなのです。

 

たしかに、近所のスーパーで買い物をしたり飲食店に行ったりするだけでは貯まりそうにないですね。

 

ですが、マイルは貯めておくと気付いたら無料で沖縄旅行に行けるほどのマイルが貯まっていたり海外に行けたりすることもあるのです。

 

また、マイルはハピタス換金のように、航空機のチケットを買ったりするだけではなくても、上手に貯めていくことができるシステムをしています。

 

もしもハピタスで沢山のポイントを稼いでいる方がいましたら、旅行貯金と思ってマイルを貯めておくのも良いですよ!

 

ハピタスでマイルを貯めよう!

関連画像

ハピタスでは、ネットショッピングやクレジットカード契約にてポイントを貯めることができます。

 

簡単に説明すると、現金では1ポイントにつき1円の価値として溜まっていき、300ポイント(300円)以上で換金することができます。

 

では、今回注目されているマイルが推奨されている理由は何なのでしょうか?

 

なんと、ハピタスからマイルに換金をすると1ポイント2円以上もの価値に変わるというのです。

 

マイルというのは、円として計算されるわけではなく、○○マイルでここまで行けるというような計算をされます。

 

ちなみに、18000ANAマイルでちょうど東京から沖縄まで行けるのだそう。

スポンサーリンク

 

100円につき1マイル貯まるANAでは、単純計算で18000マイル貯めるために180万円分の航空機のチケットを買う必要が出てきますが…

 

まず一般人には無理ですね。

 

そこで、ハピタスのポイントが注目されるのです。

 

ネットショッピングでもポイントが貯まるハピタスでは、買い替え時期に家具や家電、さらには日用品を日頃から購入しているだけでポイントが貯まっていきます。

 

食費や日用品などの生活費を含めると、180万円という額は割とすぐになくなってしまいます。

 

その反面、マイルは着々と貯まるわけですので、今までは知らずに捨てていたようなポイント貯めていくことで、大きな旅行を計画することができるようになるかもしれませんね。

 

マイルをすぐに貯めたいなら?

関連画像

ハピタスでマイルを貯めるために確実な方法は、やはり大きな買い物でのポイントを逃さないことです。

 

先ほども説明しましたが、ハピタスでのマイル換金は1ポイント二円以上の価値となります。

 

タイミングにもよりますが、たとえば一人暮らしや結婚のタイミングとなると、数十万〜数百万円の単位で家具や家電を買うことになりますね。

 

その際に、ハピタス経由でネットショッピングを利用したかしないかでは、数万円分のポイントを付けられるかどうかが変わってきます。

 

当然、1ポイント2円以上の価値があるマイルとなるとそれ以上ですよね。

 

旅行に行くことを目的としてマイル貯金をするのなら、大きな買い物は当然、ハピタスを利用することがオススメです。

 

また、最近ではウォーターサーバーのレンタルをしている家庭も多いですが、その水は定期配送ですよね?

 

そのお金をクレジットカードで払っているという家庭は、ぜひハピタスで詳細を確認してみてください。

 

契約されているクレジットカードがハピタスの条件に合っていれば、定期配送分もポイントとなります。

 

月換算するとそれほどではないお水の定期配送も、年単位で見るとかなりの額になりますからね。

 

その辺りの見直しもすることで、より早くマイルを貯めることにもつながります。

 

 

 

いかがでしたか?

 

「マイルは使う予定はないからいい」という方も多いですが、ハピタスでマイルが貯まったことを機に旅行に行くという口実を作るのも良いですよね。

 

スポンサーリンク
関連コンテンツ