プロレス・長与千種がけんか仲裁にはいった「命知らず」の逮捕男がこちらwww

スポンサーリンク

 

 

昨日19日、けんかの仲裁に入り暴行を受けた事件で、元女子プロレスラーの長与千種さんが出来事について詳しくコメントしました。

 

長与さんは札幌市内で食事に出ている最中に駐車場から女性の悲鳴が聞こえたことから、仲裁に入ったところ、男性から頭髪をつかまれ頭を押さえつけられるなどされ、左手小指を負傷。男女は夫婦だったと報じられています。

 

「最初はじゃれあっているのかなと思ったが、”助けてください””もうやめてよ”という、聞いたことがないような悲鳴だった。」

「”警察を呼んでください”と言われたので呼んだが、タイムラグがあるだろう、もし暴行されていたり、暴力を受けていたらやばい、と思って、今までにないすごいスピードで(階段を)駆け上がった。すると男が女性に乗っかっていて、足と首を取っているような状態だった。女性は引きずり回され、素足で、膝には擦過傷があって、バッグなども散らばっていた。先に着いた若い子は唖然としてたし、現役の選手に行かせるわけにもいかないし、とりあえず一番身体の大きい私が行っとくかなって」

と当時の様子について長与さんは語っていました。

 

男に対し

「女の子に何やってるの!離れて!」

「やっていいことと悪いことがあるでしょう、もうしないって約束する?」

と注意し、女性を引き起こした長与さん。男を叱り飛ばし、女性を解放した瞬間、男が長与さんの頭に掴みかかってきたそうです。 

スポンサーリンク

 

「髪がブチブチ抜ける音がして、自分の顔が床に着いちゃう、危ない、でも何もできないし、と思って。手を解かないといけないので”やめてよ”って言った途端に右手を持って行かれた。骨に違和感があって”ああやったな”って。普通だったらそこで腕を決めるが、その瞬間に技になってしまう。仕事柄、絶対に手は出せないので、防御だけ。でも、プロレスやっててよかったなって思うのは、傷付けてしまうとその人と同じになってしまうので、自分で良かったのかなって。プロレスラーだから気持ちを止められた」

 

迷わず仲裁に入った長与さんの勇気を絶賛するコメントがツイッターには数多く投稿されました。

 

1980年代にライオネス飛鳥さんと結成した「クラッシュギャルズ」で人気を博し、レコードもリリースするなど一大ブームを巻き起こした長与さん。

「長与千種 」の画像検索結果

「長与千種 」の画像検索結果

悪役に立ち向かう姿から多くのファンを集めてきたプロレスラーらしいコメントでした。

 

一方、逮捕された北海道滝川市緑町の飲食店経営長谷川匡容疑者(27) について

https://www.facebook.com/tasuku.hasegawa.9
長谷川匡 『BAR PLAT』店主

https://www.instagram.com/p/Bc_znmCABGO/
ナイスポーズで写っているこの方。滝川市三楽街にある
『BAR PLAT』のマスターたすく君

 

男性に呆れるコメント多く上がっていました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ