【大炎上】乃木坂46中村麗乃が障害者差別として炎上したNHKラジオの内容がこちらww

スポンサーリンク

 

 

18日放送の『らじらー!』(NHKラジオ第1)に乃木坂46・中村麗乃さんが出演。とある発言が「差別している」と物議を醸していることから、公式ブログを更新し、ラジオでの発言を謝罪しました。

 

問題になったのは、番組終盤の「結婚相手」を紹介するミニコント。MCのオリエンタルラジオ・中田敦彦さんが母親役を演じ、中村さんの結婚相手を聞き出すという即興家族ドラマ。

 

中田さんが聞くと、中村さんは

「髪の毛が生えてて、ちゃんと手も指5本ずつあって、足もあって立派に立っている人」

と発言。

 

企画は和気あいあいと終了したものの、その後、中田さんが

「不適切発言があったことをお詫びいたします」

と謝罪しました。

実際の放送がこちら↓39分ごろから確認できます。

 

 

中村さんはこの日、「皆様へ。」と題したエントリーを更新。

「みなさんこんばんは。中村麗乃です。本日のらじらー生放送にて、私の不適切な発言があった事をお詫び申し上げます」

と謝罪しています。

 

中村さんが出演したのは、18日放送の「らじらー!サンデー」(NHKラジオ)。番組内での発言が「差別的な表現ではないか」と一部ネットで炎上。

 

ネット上で物議を醸した中村さんの発言。匿名掲示板では、彼女を批判する声が寄せられました。

スポンサーリンク

「まるで障害がある人が立派ではないって言いかただね」

「これがオッケーだと思ったのがびっくりだよ。若くても分かるよね?」

「悪意あるのと、バカにしてるのと、ダブルパンチ。え? これがだめなの?っていう人もいるけど性格良かったらこういう言い回しにはならない」

「髪の毛は笑いに出来ても足と指が5本あるとか普通に笑いに持っていこうと思って言っているのであれば、この娘相当ヤバイよ」

 

一方で、「面白く言おうとしただけ」と同情の声も上がっています。即興コントの流れの発言だったこと、中村さんに悪意がないとの意見が見受けられます。17歳という年齢に「仕方ない」との声も。また、「差別」という言葉に過剰なまでに反応しているのでは?とのコメントもあがっています。

「面白いこと言おうとして失敗したパターン」

「要するに普通の人で良いって所を、面白く言おうとひねって誤解されたケースだね。悪意が無くても今は敏感な時代」

「本人は『人間なら誰でも』ってニュアンスで言ったんだろうけど 『障害者じゃなければ誰でも』とも取れる言葉になっちゃったんだね 炎上は仕方ないと思うけど悪気はなかっただろうから気の毒だな」

 

中村麗乃(れの) さんは高校2年17歳のJKです。40人中35位の人気最下位クラス、身長170cmの不思議ちゃん系おバカキャラとして人気急上昇中です。

 

物議を醸した今回の発言。悪意がないにせよ、不特定多数の人が聞いている以上、しっかりと頭で考えて発言すべきなのは確かですが、今後に向けていい勉強になったと思いたいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ