カルロスゴーン会長のぜひ参考にしたい名言とは?

スポンサーリンク

 

 

フランスの自動車メーカー・ルノーや日本の大手自動車メーカー・日産の会長や社長を務めるカルロスゴーン会長は、やはり考え方も理論的で参考になるものばかり。

 

今回は、ぜひ私たちの私生活でもタメになるような名言を集めていきます。

 

カルロスゴーン会長の名言特集!参考にしたいベスト3は?

 

成功者の名言や格言は、誰もが参考にして真似したいと思うものですよね。

 

そこでまずは、カルロスゴーン会長が経営について語った名言の中から、私たちの私生活でも活かせるような言葉を3つ集めてみたいと思います。

 

〜カルロスゴーン会長の名言ナンバー3〜

 

“素晴らしい計画は不用だ。計画は5パーセント、実行が95パーセントだ。”

 

この言葉は、特に物事を熟考してから取り組む人からすると寝耳に水でしょうね。

 

カルロスゴーン会長はこの言葉を、「考えるだけでは始まらない。やってみることが大切だ」という意味で語っています。

 

確かに納得ですね。

 

レバノン出身のカルロスゴーン会長ですが、計画ばかりでは無意味なことを日本では“机上の空論”といいますね。

 

カルロスゴーン会長はまさにこの言葉を自分自身の言葉で語ったのですね。

 

〜カルロスゴーン会長の名言ナンバー2〜

 

“正確な質問をすれば、正確な答えが返ってくる。曖昧な質問をすれば、曖昧な答えしか返ってこない”

 

こちらも納得です。

 

当たり前ではありますが、日本人は特にオブラートに包んで相手を傷つけないようにやんわりと時には曖昧な言葉選びをする傾向があります。

 

それが、日本人ではないカルロスゴーン会長にとってはもどかしい部分もあったのでしょう。

 

曖昧さを残さずに正確的確をモットーに進んでいくカルロスゴーン会長だからこそ、成功者と呼ばれる存在になるのですね。

スポンサーリンク

 

〜カルロスゴーン会長の名言ナンバー1〜

 

“客観的な事実の把握なくして、適切な対策は生まれません”

 

こちらは、三菱の経営が傾いた時のカルロスゴーン会長の対応の仕方を見ていれば明らかです。

 

彼は、三菱による燃費不正問題が発覚して経営が傾いた際に、会社としての立場ではなく私たち消費者の目線で問題を客観視しました。

 

だからこそ、燃費不正問題という三菱の車の所有者に直接迷惑がかかるようなトラブルを起こしていてもなお、三菱を存続させる形をとることができたのでしょう。

 

 

名言や格言の根底にあるものとは!?

 

カルロスゴーン会長の名言を見ているとわかりますが、彼は常に消費者の目線に立ち、口先だけではなく実際に行動することに重きを置いた考え方をしていました。

 

自社のことだけではなく、消費者に寄り添った考え方があったからこそ、どの会社を受け持っても経営を回復させることができる立役者となったのですね。

 

“リーダーの存在意義は変革にある”

 

これも、カルロスゴーン会長の名言の1つです。

 

まさに、自分自身を表したかのような名言ですね。

 

今よりもよりよく、より高い場所を目指していたからこそ、誰もが回復は難しいと思っていた三菱のことも無事に黒字に乗せることができたのでしょう。

 

カルロスゴーン会長の名言を覚えておくだけで、私たちの平凡な私生活をほんの一部から変えていくことができそうですね。

 

 

いかがでしたか?

 

これほど素晴らしい考え方を持っており、消費者のことを大切に考えていてくれたカルロスゴーン会長だからこそ、今回の事件には悲しみを隠しきれませんね。

 

もしも現場復帰することになった際には、ぜひ今回のようなトラブルを繰り返すことなく、日産をはじめとする各企業の景気向上に邁進して欲しいところです。

スポンサーリンク
関連コンテンツ